ママカーストの頂点に君臨する武装ヅマ
どの女性も、気づかぬうちに依存してしまっているSNS(LINE、InstagramやFacebookなどのタイムライン)。20代の独身女性は、どのコもそろって「女子会」「結婚式の二次会」などといったイベントでのキラキラな自分たちをSNS上にアップしている。しかし、30代後半ともなればSNSのフィードに登場するのはママ層か、わが道を突っ走っている独身女性の2パターンに。そんな中、この“界隈”で新たなSNSマウンティングを繰り広げているのが「夫で幸せ武装」する妻(以下、武装ヅマ)なのです──。

■夫を訓練された犬のごとく呼ぶ

 これまでのSNSマウンティングといえば、ハイグレードなランチコースや、美容・健康系の高級サロンでの様子を投稿するなど、あくまでも自分主体の贅沢(ぜいたく)自慢がメインでした。

 しかし、今回クローズアップする武装ヅマたちは「夫から愛されている・大事にされている」という受け身を装った自慢をしてきます。

 “ママカースト”雑誌『VERY』の中で頻繁に使われている「イケてる旦那」の略称、イケダン。見た目も普通、仕事も有名企業勤めではないような「フツメン」スペックの夫をイケダンに仕立て上げ、周知することで経済的優位ではなく、精神的な勝利を知らしめるのが、このニュータイプのマウンティングなのです。

 わかりやすい例でいうと『行列のできる法律相談所』に出演していた弁護士の大渕愛子さん。俳優の金山一彦さんと再婚し、家事の担当は夫と公言。さらに、ブログには「彦さんは、育児も家事も積極的にやってくれるので、とても助かっているし、いつも感謝しています」「彦さんが久しぶりに作った料理は、こちら」とイケダン自慢がさく裂している。

 そして、エッセイストでテレビコメンテーターとしても活躍している犬山紙子さんも、イケダン自慢の常連。夫である劔樹人(つるぎ・みきと)さんを「つるちゃん」と呼び、ブログにも「一日家にいる私に、好物のクレープを作ってくれた!」「夜ご飯も腕をふるってくれました。つるちゃんには感謝しかないです……」とひたすら「なんでもしてくれる夫」として登場する。

 彼女たちは夫にあだ名をつけたり、「夫クン」「旦那ちゃん」など、まるで訓練された犬のように夫のことを呼ぶ傾向があるようです。木下優樹菜さんのように“フジモン”と愛称で呼んでいるような夫婦関係もそれに近いかも……。

 繰り返しますが、従来との大きな違いは、豪華なディナーの写真をSNS上にアップするのではなく、イケダンによる手料理などの写真で「精神的な勝利」を演出してくるところ。

 そのため、武装ヅマたちの投稿は、結婚していない独身女性のみならず、ワンオペ育児をしている“専ママ”や、共働きなのに家事に非協力的な夫を持つ“ワーママ”に対しても「羨(うらや)ましい」と感じさせるオールラウンドのマウンティング効果があるのです。