何を飲んだら元気でいられる⁉︎

エネルギー補給のつもりが疲れを招いている?

 疲れがとれないときや大事な会議の前などに、栄養ドリンクやエナジードリンクを1本キュッと飲んで気合を入れるという人も多いですね。

 気になるところは、栄養ドリンクやエナジードリンクの多くは糖類をたくさん含んでいることです。

 糖類とは、糖質の中でもブドウ糖や果糖など吸収の速い糖質のことで、血糖値を急激に上昇させます。そして急に上がった血糖値を下げるためにインスリンが働き、血糖値が急激に下がってしまうのです!この血糖値の乱高下は疲労感を増すだけでなく、体の糖化を招きます。糖化とは、”血液中に余った糖分が体内のたんぱく質と結びつくこと”で、細胞を老化させてしまいます。

 糖化は、しみやしわの原因になるだけでなく、血管にダメージを与えて動脈硬化を促進します。

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

 あるエナジードリンクは、100ミリリットルあたりで11グラム糖質を含んでおり、1本250ミリリットル飲むと27.5グラムもの糖質をとることになります。WHO(世界保健機関)は砂糖の1日の摂取上限目標を25グラムとしているので、1本のむだけでも砂糖の1日摂取上限量をオーバーしてしまうのです!

カフェインの常用癖が疲労回復を妨げる!

 また、エナジードリンクは、覚醒作用や交感神経の興奮作用があるカフェインを多く含んでいます。

 そのため眠気覚ましや集中力アップに使われることが多いようです。カフェインの覚醒作用は3―5時間ほど持続しますが、とり続けていると耐性ができてしまい、量や頻度が増えてしまう事があります。WHOのカフェインの1日の摂取量の基準は300ミリグラムで、製品によって含有量は異なるものの、栄養ドリンクなら6本程度、エナジードリンクなら2-3本程度になります。