※写真はイメージです

 アラフォー以降は、お肌のハリやくすみが気になるもの。しかし、それは加齢のせいだけではないと言うのが、美容のレーザー治療を専門とする「クリニックF」の院長を務め、多くの女性の肌を見てきた藤本幸弘先生だ。

「実は、年齢を重ねるほど睡眠の量や質は、肌や顔の状態に直結します。良質の睡眠をとっている女性は、若々しく見えますよ」(藤本先生)

 毎日、長く寝ていれば美肌美人になれるということ!?

「ただ長く眠るのではなく、質を高めることが重要です。とくに40代以降は加齢で睡眠の質が落ち、仕事や育児、介護でストレスも多い。寝る前に工夫したり、正しい枕を使ったりして、睡眠の質を高める必要があります」と藤本先生。

睡眠に問題がある人のお疲れ顔とは?

■顔と肌の状態は睡眠の質を映す鏡

 目には見えない睡眠の質のよしあし。藤本先生は、「その人の睡眠の状態は、顔と肌の状態を見れば一発でわかります」と言う。肌のターンオーバーや老廃物の排出の鍵を握る睡眠が乱れていると、如実に顔に表れるというのだ。

「美肌を作る成分は加齢により減っていきますが、睡眠が不足していたり質が悪いと、肌の老化に拍車をかけます。顔がどんよりした印象になり、老けて見えるのです」(藤本先生)

 加齢のせいにする前に、スッピンで前髪を上げて、鏡の前で次のリストをチェックしてみよう。2個以上あてはまる場合は、睡眠について見直しを!

・肌に色ムラがあり、透明感がない
・顔にむくみがある
・目のクマが濃く、疲れて見える
・シワやほうれい線が左右非対称
・顔の輪郭が四角くなってきた
・瞳がどんよりしている
・白目が濁っている
・毛穴が開き、皮膚がザラついている
・首のシワが目立ち、色ムラがある