92歳のばぁばが贈る人生指南を兼ねた料理書

 “ばぁば”の愛称で親しまれている鈴木登紀子さんは、NHKの料理番組『きょうの料理』で大人気の講師。『ばぁば 92年目の隠し味』(小学館)は、40品のレシピとともに、レシピにまつわるエピソードやご自身の思い、日本料理の作法などが綴られている人生指南書ともいえる料理本だ。

「この本には、ばぁばが普段作っている料理や話していることが書かれていて、決して特別な内容ではないの。だって私は今、92歳なのですから。ばぁばの人生は、もうすっかりできあがっているっていうことなの

『ばあば 92年目の隠し味』を上梓した鈴木登紀子さん 撮影/竹内摩耶

 本書で紹介されている料理は、季節の食材を使った四季折々のレシピばかり。

「日本料理っていうのはね、季節感がなによりも大事なの。旬の食材はいっぱいとれるから、おいしくて安いのね。昔のお店は冷蔵や冷凍の大がかりな設備がなかったから、夕方に買い物に行くと安くなるのが当たり前だったの。そうやって買った旬のものでいろいろな料理を作るでしょう。旬の時期は短いから、次の旬のものをまた作って食べる。そうして1年を通して料理をしているうちに、翌年の旬の時期が来る。“昨年は山菜をこうやって料理したわ”って繰り返し作っていくうちに、だんだん上手になっていくものなのよ」

 本書では、だしのとり方や正しい配膳の仕方、お箸とお椀の持ち方など、料理やマナーの基本知識が随所に記されている。

「お料理はまず、新鮮な食材を見きわめるところからはじまるの。料理教室の生徒さんには、“よく売れるところで買いなさい”と話しています。デパ地下でもスーパーでも、山になっているものは旬のものって思えばいいの。例えば、夏のお野菜の王様格はトマトやナス、きゅうり、かぼちゃで、ほかにもいろいろな食材があるわね。取り合わせと彩りとお味を考えて、買うときから吟味すること。吟味して買ったものをきちんと保存をすれば、食材は長持ちするのよ」