小林麻央さんのブログは世界へ発信される

《世界の方々へ 麻央の想いが 届きますように…》

 6月30日に、市川海老蔵が妻だった小林麻央さんのブログ『KOKORO.』を英訳して少しずつアップしていくことを発表し、同日スタートした。《私たちと同じように乳がんで苦しんでいらっしゃる方や そのご家族の力に少しでもなれたら》と、英訳する理由を綴っている。

「海老蔵さんはこれまで、海外公演を積極的に行ってきました。世界での知名度、人気はともにトップクラスの歌舞伎役者ではないでしょうか。今年7月にもNYで公演を行う予定だったのですが、“闘病中の麻央さんのそばにいたい”ということで中止になりました(スポーツ紙記者)

 昨年11月にイギリスのBBCは、麻央さんを「世界に影響を与えた100人の女性」の1人に選んでいる。彼女の病気と闘う姿が、人々の心を動かしていることが知られていたからだ。

 最初に英訳されたのは、'16年9月の『なりたい自分になる』。英訳では『Being myself』というタイトルがつけられたこの文章には、国内外から3000近いコメントが寄せられた。中には英語だけでなく、中国語、フランス語などでの書き込みもあった(以下、編集部訳)。

《あなたの遺志は世界中に受け継がれる》

《ただのがんと闘った記録というだけでなく、全人類がどう生きるべきかを気づかせてくれるブログでした》

《麻央さんの人生は恵まれています。生まれてからずっとそばに麻耶さんという人がいたのだから》

《私たちは、彼女がしてきたすべての愛の振る舞いから、自分たちの生活がどれほど貴重であるかを学び、認識してきたはずです》

 麻央さんの言葉は、海外にも“生きる希望”を伝えているようだ。彼女のブログが注目されるのは、知名度だけが理由ではないと、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏は指摘する。