舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第14回は平間壮一さんが柿澤勇人さんを指名! 『』本誌(2017年8月1日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から平間壮一、柿澤勇人 撮影/廣瀬靖士

お互い裏表がなくて、本当の兄弟みたい!

――柿澤さんは酔っていても、「ライオンキング」を本番と同じ調子で歌えるのがすごいですね(笑)。

柿澤 僕はね~、酒飲んでも、ぜんぜん喉が潰れないんですよね(笑)。

――鉄の喉ですね。

柿澤 でもこれからは怖いですよね。

――本誌掲載の対談で、平間さんは柿澤さんをもともと尊敬していたと言ってましたが、どういう部分で?

平間 僕、けっこう下調べするんです。次、柿澤くんと共演ですってなると、何やってるのかなとか、(同じく共演する)松下洸平くんの動画見たりとかして、やっべぇ人たちだなって。特に歌という面で。僕は歌が一番苦手科目だから、そこは盗めるものは盗もうって思ってて。実際に会って、話したり一緒に取材を受けたりすると、芝居に対してもすごい深い思いがあってやっていることもわかって、人間としても尊敬したという感じです。

――柿澤さんは平間さんに会う前はどんな印象を持ってました?

柿澤 僕は、『The Love Bugs』で初めて見て、とにかくダンスがキレキレだし、でも一方で芝居もちゃんとやる人なんだっていう。なんか気持ちいい人だなっていうのは印象としてありましたね。

――お互い印象が変わった部分は?

柿澤 ないですね。基本的に、僕も壮ちゃんもそんなに裏表がないと思ってるんで。最初に居酒屋に飲みに行ったときのまんま。ほんとに弟みたい。

平間 弟です! まんまの人って珍しいじゃないですか。仕事のときも普段もまんまの人。オンオフはあるけど、わりとナチュラルな二人だから居やすいのかもしれないですね。

『ラディアント・ベイビー』のみんなで、笑顔でゴールテープを切りたい

――共演された『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯~』が終わってからは連絡をとったり、会ったりする機会はあったんですか?

平間 ちょいちょい会ってますよね。

柿澤 うん。でもやっぱり『ラディアント・ベイビー』って作品がいろいろあって、公演も最終的には僕のケガのせいで途中で終わることになってしまったから。ほんとに熱いやつらが集まってたので、今でもキースファミリーみたいになっていて。ちょっとした近況とかをみんなで共有してます。お互いの芝居を、見てきたよ~とか、良かったよ~とか、今ここにいるから集合とか……。まあ、もちろん全員が一堂に会することはないですけど、近くにいたら顔出しに行くし。そういう意味では珍しいカンパニーなんじゃないですかね。

――再演したいという気持ちは?

平間 再演したい!

柿澤 もちろん! やっぱり全員で大千秋楽までまっとうしたいですね。

平間 えー!? でも、ちゃんと終わったら関係が終わりそうで、やっぱり嫌だな再演(笑)。

柿澤 なんだよ、それ(笑)。

平間 今の言い方だと、再演したら完結しちゃいそうで。

柿澤 だから、一旦ね。

平間 一旦ね(笑)。

柿澤 みんなでゴールテープ切りたいじゃん。みんなで涙で終わっちゃったから、笑顔で終わりたいなっていう思いはありますね。