京都府向日市の筧被告宅(中央)を捜索する府警捜査員=’14年11月

▲ '09年5月5日死亡 末広利明さん(79)=兵庫県神戸市の知人男性 強盗殺人未遂罪
▲ '12年3月9日死亡 本田正徳さん(71)=大阪府貝塚市の内縁の夫 殺人罪
▲ '13年9月20日死亡 日置稔さん(75)=兵庫県伊丹市の内縁の夫 殺人罪
▲ '13年12月28日死亡 筧勇夫さん(75)=京都府向日市の夫 殺人罪

 遺産を狙って夫や交際相手の男性を殺したなどとして3件の殺人罪、1件の強盗殺人未遂罪=上記=で起訴された筧千佐子被告(70)の裁判員裁判が京都地裁(中川綾子裁判長)で始まった。逮捕前から“後妻業の女”と注目を集めていたこともあり、初公判の6月26日には傍聴希望者約600人が裁判所前に並んだ。

 4事件は期間を区切って順々に審理される。

 まずは2013年12月に京都府向日市の自宅で不審死を遂げた筧勇夫さん(当時75)の事件にかかる審理から。検察は、千佐子被告が自宅で青酸物を飲ませて死亡させたとしている。さらに死亡直後に業者に金庫を開けさせ、銀行預金を下ろそうとしたという。

 勇夫さんの胃などからは青酸化合物が検出された。毒物の入手先など直接証拠は乏しい。つまり、疑惑の点を線で結ぶのは状況証拠と自白といえる。しかし、千佐子被告は認知症を患っている。

「取り調べに千佐子被告は事件への関与を認めていたが、起訴された後、無罪主張に転じた。当初、犯行を認めた理由について法廷でどう弁明するのか、認知症のレベルがどの程度なのか注目された」

 と全国紙記者。

 法廷の千佐子被告は、'14年11月の逮捕前、メディアの前で無実を訴えたおしゃれなころとは変わり、すっかり白髪頭だった。耳が遠くなったとしてヘッドホンまで装着した。Tシャツにひざ丈の半ズボンというラフなスタイル。足取りはしっかりしていた。

 罪状認否で千佐子被告は「弁護士さんにお任せしています」と答えた。