「“死ぬまでセックス”は誰でも可能」と、断言する、泌尿器科の名医・永井敦氏。下半身の不調は大病の前兆、週2回の射精で長生きができる、80歳台でもED治療は可能、不倫をしている人は“腹上死”に注意、などなど、読むだけで下半身が強くなるなりそう!男性だけじゃなく、女性も知っておきたい、男性器について聞いてみた。

写真はイメージです

                ◇   ◇   ◇

 今回私が書いた『男性機能の「真実」』(ブックマン社)には、今まであまり語られていなかった真実があります。

 それは、男性の“下半身を鍛えれば元気で長生きができる”という真実です。

 本書には、男性の性に関する不安を払しょくし、目からうろこの新発見があります。また、おまけとして、巻末に日めくりカレンダーを作ったのですが、これはある日の言葉で、私が考えました。

女房に頭も亀頭もあがらない」

 本当はこれでは困るのですが、世の男性諸氏の悲哀のメッセージを日めくりカレンダーに綴りました。

「あっ危ない、射精は急に止まらない」

「射精一秒、子が一生」

 これを読んでいる男性読者のみなさんにも、時に修羅場にもなりかねない、ヒヤリとした瞬間もあったのではないでしょうか。

 みなさんは、男性の生殖器や勃起・射精のことをよく知らないまま、そして、いろいろな不安を抱えたまま、性行為を続けているのではないでしょうか。男性の生殖器の解剖、勃起・射精の本当の真実をしっかり学ぶことで、今までの漠然とした男性の下半身問題に関する不安を払しょくできます。

勃起不全=早死

 では、なぜ男は勃起をするのでしょうか。

 基本的に性的刺激が必要ですが、勃起の瞬間、陰茎の中には一酸化窒素が発生します。これが大変重要です。一酸化窒素が発生できないような状態では勃起しません。