スイッチひとつでメインおかずができるスロークッカー

 世界中を巡る著者が、現地の健康トレンドをお届けします。

 出勤前にスイッチオン。帰宅したころに美味しい料理。スロークッカーをご存知ですか?忙しいビジネスマンや共働きの家庭、料理が苦手な人の救世主と言われる調理家電です。

 アメリカではもはや一家に一台と呼ばれ、イギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも必需品。

 アメリカのベストセラー欄には「スロークッカー」というカテゴリーがあり、料理にとどまらず、健康書欄にも顔を出すキーワードなのです。

 2016年は「The Complete Paleo Slow Cooker」が、パレオダイエットとのコラボで話題になりました。

 スロークッカーの人気の秘訣は、手間暇をかけずに本格料理が作れること。朝、材料を入れてスイッチを押すだけ。それだけで、帰宅したころには美味しい料理が出来上がります。

 その秘訣は、長時間加熱すること。

簡単で経済的、放置料理の極みスロークッカー!

 スロークッカーは、長時間とろ火状態でじっくりと加熱します。家庭料理ではとかく硬くなってしまう牛すじ肉も、スロークッカーではほろほろの柔らかさ。沸騰させないので煮くずれせず、火を使わないので留守中でも安全。

 電気代は、1時間たった2.7円(弱メモリ時)。10時間煮ても27円ですから、コンビニ弁当より経済的です。多くのスロークッカーは鍋部分は取り外しができ、手入れも簡単。

 料理下手や多忙なビジネスマンだけではなく、ずぼらな人にも嬉しい調理家電なのです。

材料を入れるだけで、筑前煮からポトフまで

 スロークッカーの得意料理は、筑前煮や角煮、肉じゃが、鯖の味噌煮といった煮物料理から、カレー、シチュー、ロールキャベツ、ポトフまで和洋を問わず。焼き芋や黒豆、ヨーグルトとレパートリーは広いです。

 本コラムでは、健康とダイエットに効くメニューをまとめました。

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

低カロリーのローストビーフとビタミンC

 普通、ローストビーフはフライパンで軽く焦げ目をつけますが、スロークッカー派はそんな面倒なことをしません。お肉をスロークッカーに入れて、余計な油を使わず、塩胡椒を振るだけ。

 仕事から帰宅したころ、箸で触ると崩れるような柔らかいローストビーフが出来上がっています。ローストビーフと聞くと太りそうな印象ですが、低カロリーの高タンパク。100gで200kcalしかないので、バラ肉の半分以下です。

 タンパク質は消化に時間がかかるので腹持ちがよく、満腹感が持続。吸収率の高いヘム鉄が多く含まれ、貧血を防ぎます。

 ビタミンCが豊富なレモンやイチゴ、パセリやブロッコリーと一緒に食べると、さらに鉄分の吸収率が高まります。

 特に赤ピーマンや黄ピーマンは200mg以上ものビタミンを含み、半分だけでも1日の摂取量100mgをカバーできます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、免疫力を高め、ストレスに強くなります。

 抗がん作用のあるインターフェロンの生成が、促進すると言われています。ちなみに鉄分不足が続くと、ヘモグロビンが酸素を十分に運べません。酸素不足が基礎代謝の低下を招き、カラダに余計な脂肪が溜まります。ローストビーフは、ビタミンCとの食べ合わせが効果的です。