最近はSNS上でひとり旅の様子をアップし、寂しさを解消する人も増えたという

「ひとり旅ツアーを始めた20年前は参加人数が年間2000人でしたが、’04年には1万人を超え、’16年には4万8000人に。人気は着実に上がってきていると感じます

 そう話すのは、大手旅行会社『クラブツーリズム』国内コミュニティ旅行センター支店長の松村貴夫さん。

 のアンケートで「選べるなら夏旅は誰といちばん行きたいか」と尋ねたところ、1位は「配偶者・恋人」。次点の「家族みんなで」に続き、なんと「ひとりで」が「友人」と並んで3位にランクイン。その理由は、「のんびりできるから」(30代女性)、「思い立ってすぐ行けるし、行き先変更も可能」(20代女性)と、うなずけるものばかり。

 松村さんによると、

「ひとりでツアーに参加される方の男女比は国内旅行で6対4、海外で7対3の割合で女性が多く、アラフォーあたりから増加する傾向が。特に、50歳以上の方々から人数がグンと増えますね」

 子育ても一段落し、急に取れた休みや、ふと空いた時間に旅をしたいが、相手が見つからない。そんなとき、「ひとり旅」という選択肢が出てくるのだろう。

「おひとりさまという言葉も定着し、ひとり行動が世間に認知されてきたことも、ひとり旅の人気が上昇した理由でしょう」(松村さん、以下同)