この夏はクルーズ旅がアツい? 写真はコスタ ネオロマンチカ

 気づけば7月も最後の週末。「8月に休みができたけど、もうどこも空いてないよね?」。 いやいや、尻込みしてちゃもったいない! 人一倍お得で充実した夏旅を満喫できる秘訣を、どど~んとお届けしちゃいます!

北海道&沖縄、海外リゾート地が人気!

 大人も子どもも待ち遠しい夏休みシーズンが到来。心躍る旅の予定がお決まりの人も、まだの人も、気になるのはあのスポット──。

 のアンケートで「理想の夏旅」について尋ねたところ、国内で行きたい・行くつもりの場所は、1位が北海道、僅差で2位が沖縄という結果に。

 北海道派は「夏だからこそ涼しい北の大地へ! 函館の夜景を見て、のんびりしたい」(20代女性)、「寿司やカニ、帯広の豚丼など美味しい料理をたくさん食べたい」(20代男性)。

 沖縄派は「小さな離島に行って波打ち際でちゃぷちゃぷ」(30代女性)、「宮古島の真っ青な海で泳いで、夜は豚肉料理とソーキそばを堪能!」(40代男性)。

 大手旅行会社『クラブツーリズム』国内コミュニティ旅行センター支店長の松村貴夫さんによると、 

「この2つは不動の人気。今年は沖縄が差を縮めましたが、例年では北海道ツアーがダントツです。暑さから逃れ快適に過ごしたいという願望からか、涼しい高原地帯や信州も好まれます」

 加えて今年は、静岡や愛知などの中部地方を選ぶ人も多いとか。旅行ジャーナリストの村田和子さんは、

「毎年、大河ドラマに関連した場所は人気に。今年は直虎ゆかりの地である静岡・浜松に足を運ぶ人が増え、また4月に名古屋にオープンしたばかりの『レゴランド』も家族連れを中心に注目されていますよ」

 一方、海外で行きたい場所はハワイやバリ、タイ、台湾など、主に近場のリゾート地が複数票を集めた。

「ハワイやバリのような南国で何もしない時間を満喫したい」(40代男性)、「台湾、再訪。近いし安いしショーロンポーうまいし!」(30代男性)、「タイでカニカレー、本場カオマンガイ」(40代女性)、「バリ島。ビーチ沿いでプールが充実したホテルが予算内で取れたから。ラフティングもしたい」(40代男性)。

 前出の村田さんは、「テロも頻発している中、安全面を考えると、どこがオススメとは明言が難しい」としながらも、こんな耳寄り情報を。

今年、マレーシアのLCC(格安航空会社)『エアアジアX』がハワイとバリ行きの直行便を就航しました。成田発のバリ便の最安値は、片道1万円台と破格。私も、8月頭という夏休みど真ん中にバリへの渡航を検討しましたが、その際は片道3万円ほどでした

 価格は予約状況で変わるが、大手航空会社の3割程度で渡航できることもある。

「今年は8月11日金曜日が山の日で、そこから土日を挟んでお盆休みに突入。そのため、出国は10日の夜から11日にかけて集中しそうです。少しでも時期をずらせば、安く航空券が手に入る可能性も」(村田さん・以下同)

 休めるのはお盆だけ……という人は?

「お盆は日本特有の行事なので、海外での宿泊代は通常の夏休み期間と同程度。航空券をうまく手配できれば、思ったより安く海外旅行ができるかもしれません」