全13項目より複数回答
普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

「私、実は○○なんです…」。誤解されがちなポイントは?

 男性とコミュニケーションを取っているとき、「この人誤解しているな~」と感じること、結構ありません? 男と女は違うもの。男性のなかには、ステレオタイプに女性を見る人は少なくない印象ですよね。そこで男が誤解しがちな女の実際について、20~30代の女性200人にアンケート調査を試みました!(協力:アイリサーチ)

【男が誤解しがちな女子の生態TOP10】全13項目から複数回答

1位 楽しそうでも、実は楽しくない 25.0%
2位 実は性格が良くない 7.5%
3位 つまらなそうでも、実は楽しんでいる 7.0%
4位 実は性欲が強い 6.0%
5位 実は家事が得意ではない 4.5%
6位 実は化粧とスッピンの落差が激しい 3.5%
6位 実はセックスが嫌い 3.5%
6位 実は気を遣って見た目やセンスを相手に合わせている 3.5%
9位 実はかわいいものが好きではない 2.5%
10位 実は食事の好みが合わない場合が多い 2.0%

 1位は「実は楽しくない」で、心の内をそのまま態度に表すのはありえないだけに、これが上位に来るのは妥当と言っていいでしょう。その逆も上位で、「実は楽しんでいる」は3位に付けています。男性に同様のアンケートを採った場合も、似たような印象になるのではないでしょうか。

 そして2位に「実は性格がよくない」が来ていることは見逃せません。裏を返せば、「性格よく見せている」といっている人がそこそこいるということ。確かに内面にドロドロしたものを溜め込んでいる…なんて人も多いのでは? いかに上手に蓋をできるかが、女の腕の見せどころですよね。

 さてさて、「実は性欲が強い」が「実は家事が得意ではない」より多いというのも興味深い点。そもそも家事が不得意な人が少ないという見方もできますが、いずれにせよ“隠れスケベ”はそこそこいるようですね。