「腸活」「菌活」「腸内フローラ」。腸が注目を集めるようになり、腸内環境を整える生活を心がけている人が増えている。そんな中、35年間も腸内フローラを研究してきた先生を発見! しかも、腸内フローラを“移植”することによって、難病で苦しめられている人を救うことができるという。世間では敬遠されがちな「うんち」に秘められたパワーを清水真先生に聞いてみた。

うんちのクソヂカラが難病を救う!

                ◇   ◇   ◇

 1982年より、当時の国立大阪病院臨床検査科細菌検査室において微生物検査、つまりうんち(糞便)に含まれる細菌検査について、分子生物学ならびに分析化学の分野から研究を続けてまいりました。

 この35年間、縁あって臨床検査技師として、様々なタイプの腸内フローラの基礎的研究と実績を積み上げてきました。

 人間の腸は、大腸と小腸を広げるとテニスコート一面半分にもなるのですが、その中にはびっしりと腸内細菌が生存しています。

 腸内細菌は自分を取り巻く環境を、活動電位によって形成しています。腸内細菌には目や耳があるわけではないのですが、同じ仲間同士が近づきあって集落を形成しているのです。その姿を電子顕微鏡で見たとき、 同じ種類の花々が集まって咲いている花園のように見えるので「腸内フローラ」と呼ぶようになりました。

 人のお腹の中にその腸内細菌という微生物が3万種類、1000兆個も存在し、その総重量は1.5キログラムにもなります。いわばチワワを一匹お腹の中で飼っているようなものです。

 腸と脳は1億本もの神経のネットワークで直結(脳腸相関)されており、体内にあるセロトニン(神経伝達物質)は90%が腸内にあります。

 そもそも、うんちの正体ってご存知ですか?

 1日の食事の食物残渣(ろ過した後に残ったもの)は、たった数百グラムしかありません。口から入った食物は、ドロドロになって小腸で吸収されます。吸収を終えた小腸の壁は、すぐに剥がれ、大腸は残った水分を再吸収するのですが、このとき腸内細菌が出している物質も一緒に吸収してくれています。

 こうして食物残渣数百グラムと、小腸の壁数十グラム、そして1.5キログラムの腸内細菌たちのうち、まだまだ活躍できる世代交代を終えたばかりの腸内細菌もうんちになり、排出されるのです。

 早ければ4時間から6時間ほどで腸内細菌は“対数増殖”と言って、倍々で増えることができるため、絶えず新鮮なものが残り、一世代前のものはどんどんうんちの成分になり、排出されるのです。これが、うんちの正体なんです。

 そんな、うんちを使ってできたのが腸内フローラの移植なのです。

 腸内に他人のうんちを加工した菌液を入れる腸内フローラ移植の力には、驚くべきものがあり、潰瘍性大腸炎、クローン病、幼児期におけるアトピー、自閉症、うつ、 便秘、その他、治療の手立てがない免疫異常の難病において、かなりの効果を発揮しています。

 現在おこなっている、数少ない大学の治験では、倫理上ドナーは二親等以内のうんちを利用していますが、私はいち早く便バンク「腸内フローラバンク」を設立し、80人近いドナー登録の中から、患者さんに最適なフローラの設計図を描き出し提供しています。

 そして35年間の腸内細菌の研究により、生着しやすい腸内フローラ移植用の菌液の開発に成功しました。

 自力で腸内細菌を生成することが難しくなったことで、トラブルが生じている身体や精神のバランスを整えるためには「腸内フローラ移植」という選択肢もあります。