豪華キャストで話題の舞台『煉獄に笑う』。2.5次元を代表する顔として、多くの舞台で主演を務めてきた鈴木拡樹さんが石田佐吉役、注目度急上昇中の崎山つばささんが曇芭恋(くもうばれん)役を演じる。

 終始、なごやかな雰囲気でおっとりした印象の2人は、ファンから“仏感がある”と言われているのが共通点。そんな2人が、舞台に向けての意気込みや見どころなどを語ってくれた『』本誌(2017年8月22日・29日合併号)のスペシャル対談の続きをお届けします。

左から鈴木拡樹、崎山つばさ 撮影/廣瀬靖士

崎山くんの芭恋のビジュアルの完成度の高さは想像を超えた

――お互いが演じるキャラクターは、ご本人に合っていると思いますか?

崎山 拡樹くんと佐吉は、風を運ぶっていうところがすごく似ていると思います。僕も拡樹くんに影響される部分は多いので、芭恋としても崎山つばさとしても、きっと稽古場でも本番でも、何か影響されるんだろうなっていうのは、今からすでに楽しみですね。

鈴木 そう言ってもらってありがたいですね。でもプレッシャーも感じる(笑)。あらためて引き締めていかないとな、って思います。崎山くんの芭恋は、いやもうビジュアル見て皆さん、“おお~!”って思ったと思うんですけどね。この完成度の高さに。想像はしてたけど、(それを)超えましたよね。

――ホントに皆さん、完成度の高いビジュアルですよね。

鈴木 浅田舞さんもびっくりしました。

崎山 いや、ほんとに。

鈴木 眉もつぶされて目元のメイクとかも入って、ビジュアルの雰囲気が絶対強いですもんね。

崎山 浅田さんが演じる芦屋弓月は情報屋で、僕はけっこう絡むところが多いのかなって思います。フィギュアスケートでパフォーマンスを長くやられている方なので、魅せ方などを学びたいですね。

鈴木 浅田さんの存在は、この舞台に風を起こす材料のひとつになると思いますし、表現者として今までに受けたことのないアプローチがあるんだろうなと思うと、ワクワクします。