超話題になったミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~で共演し、今年の12月には同作の『真剣乱舞祭』で再共演する荒木宏文さんと財木琢磨さん。『』本誌(2017年8月22日・29日合併号)で、仲のいい先輩・後輩である2人のオフタイム対談が実現! 

 本誌に掲載できなかった、2人のプライベートを暴く(!?)スペシャルトークをお楽しみください。

左から荒木宏文、財木琢磨 撮影/森田晃博

おしゃれ番長・荒木宏文&天然な後輩・財木琢磨の関係性

――2人はどんな関係性なんですか? 兄弟、先輩・後輩、師匠と弟子とか。

財木 いいお兄ちゃんでもあり、すごく優しい先輩です。今までにいなかった感じの先輩ですね。

――財木さんはどんな後輩ですか?

荒木 天才肌だと思います。やってることがすべてプラスに転がっていくような星に生まれた人なのかなって思いますね。人柄もあって、なんかすごく得をするタイプだと思います。芸能界でやっていく中で、売れてくると怒られなくなったりするじゃないですか。怒りづらくなるというか。琢磨の場合、人としてヌケてる部分が多々あるから(笑)、怒りやすいんですよね。

財木 それは言われますけど(笑)。

荒木 で、怒られたことに対してヘコまないから、いつでも注意できる。すごくわかりやすいタイミングで怒ってもらえるっていうのは、彼にとってすごくプラスに働いているのかなと思いますね。だから結果、すごくその現場の評価もよくなりますし、彼自身もどの現場にいっても成長できる人柄を持ってるから。すごく得をしてる子なんだろうなって、見てて思います。

――荒木さんも、財木さんに何か注意されたことあるんですか?

荒木 僕はないですね。僕が注意するより前に、すでに怒られてたから(笑)。

財木 あぁ……。