韓国の整形美人はなぜ同じ顔なってしまうのか?

 世界でもトップクラスの「美容整形大国」として女性から熱い視線が注がれる韓国。クリニックの軒数が多いので価格競争も激しく、安い費用で今っぽい顔になれると、世界中から外国人患者が訪れる医療観光市場になっている。ここ数年は、まるっと面倒を見てくれる「整形パックツアー」も人気で、韓国で整形する日本人も多い。

 とはいえ、韓国で良いとされる整形の完成形は、毎年、同じ顔の人が選ばれると話題の“ミスコリア顔”と言われている。しかもその韓国整形美女のひな型を作ったのは、Estigmasでおなじみの美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長というウワサも!?

 なぜ韓国の整形美人は同じ顔になってしまうのか? また、日韓の整形に対する意識差は? 最新整形現場を詳しく知る高須院長に話を聞いた。

――まず、韓国整形界で美しい女性の顔とされるひな型は高須院長が作られたというのは本当ですか?

高須そうだよ! 韓国は昔、軍事政権で整形は弾圧されていたから、あまり研究がおおっぴらにできなかったんだよね。それで、どうしても整形をしたいという人は日本まで施術を受けに来ていて、それでつながりができたわけ

――そうだったんですね! 今の、「日本人が整形をしに韓国へ」の逆現象があったとは!

高須日本で整形した韓国の患者さんに、帰国してからはこんなアフターケアを受けなさいとか指導していたら、韓国の先生たちがみんな、“教えて!”ってなって。それで、みんなに施術法などもすべて指導したので、この『高須式ひな型』が浸透した。だから私は、韓国初の美容整形学会で最初から名誉会長だったし、その時に作った教科書が今も使われているよ!」

――では、某韓ドラ女優の顔も、某ミスの顔も、院長の存在なしでは完成しなかったかもしれないんですね。しかし、韓国の整形業界が弾圧されていたなんて、今の風潮からすると信じられないです。

高須「整形業界が完全開放されたのは、1998年から大統領を務めたキム・デジュン政権以降からだね。さらにノ・ムヒョン元大統領は、ボトックス注射をうったことも二重手術も公言していたし、ここからの整形加速っぷりは、みなさんも知っての通りです」

――韓国女性が良しとする「整形顔」の特徴はどんな感じでしょうか? また、今はどんな顔が人気ですか?

高須透き通る白い肌、小さめの高い鼻、並行二重、涙袋はふっくら。そしてふっくらしたおでこ、こめかみ、頬と、シュッととがった三角形のあご! これに限りますね。そもそも韓国は医療ドラマなどを見てもわかるように、古典を好むというか、マニュアルに沿うのが好きなんです。なので、総じて変化はないですね。強いて言えば、最近はちょっとナチュラルになりつつあるけど、全体的に同じ印象かな」

――私も、韓国男子から「韓国はみんな同じ顔にするから整形したとすぐわかるが、日本は整形にも個性を出す」と聞きました!

高須「でしょ? だから韓国では、ファッションも1つのアイテムが流行ると、その1アイテムだけが大ブレイクする。今の若いおしゃれ韓国男子なんか、み~んなディースクエアードの濃い色のデニム1択だからね!」

――かつて日本で「紺ブレとデニム」「ロン毛」が大ブレイクした頃を思い出しますね。とはいえ、ファッションはまだしも、顔は変えられないので人マネはまずいような……。

高須「それが国民性なんでしょう。でも、最近の若手韓流アーティストを見ると、それぞれ個性があるから、韓国の美の基準も徐々に変わってきてる気もする」