'09年のベストマザー賞授賞式で喜びを手話で表現した今井議員

「いずれはどこかが(取材に)来るとは思っていましたが、まさかフィリピンにまで来るとは思っていませんでした。お話しできるようなことはあまりないのですが……」

 細身で浅黒い肌にはっきりとした目鼻立ち、眼鏡の奥からこちらをしっかり見据えた目には、どこか信念のようなものを感じさせた。

 男性の名前は冨重代機氏。日本では映画やPVの製作、写真撮影などを手がけてきた40代の映像ディレクターだ。現在はフィリピンの首都マニラからほど近いマカティで、主に日本のテレビ局向けの現地コーディネート、ロケーション業を営んでいる。

 この冨重氏、7月末に『週刊新潮』で神戸市議会の橋本健議員との略奪不倫疑惑を報じられた、今井絵理子参議院議員とは切っても切れない関係にあった。

かつて彼女のソロプロジェクトに携わり、'08年の日本テレビ系『24時間テレビ』に長男のRくんが出演した際にも出展映像を制作しました。そして'09年に今井さんが出版した、長男との4年間を綴ったエッセイ『ココロノウタ』の写真を撮ったのも冨重さんです」(芸能プロ関係者)

 2人の関係は、プライベートでも深くつながっており、聴覚障害のある長男の人生にも多大な影響を与えたのだった。

離婚直前も略奪愛だった

 今井議員が『175R』のSHOGOとの離婚を発表したのが'07年9月。このときすでに彼女のそばにいたのが冨重氏だったという。

SHOGO

今井が24歳のころでした。当時、冨重さんには半同棲生活を送っていた彼女がいたのですが、そのマンションまで押しかけたんですよ。

 つまりは略奪愛ですね。2人は間もなくRくんと3人での同棲生活をスタートさせたのです」(芸能プロマネージャー)

 前出の『24時間テレビ』や『ココロノウタ』で、屈託のない笑顔を見せていた母子。それもそのはず、ファインダーをのぞいていたのが誰でもない、心許せる“父親”だったからだ。

「彼はまさにRくんの“パパ”でした。聾学校幼稚園では熱心に話を聞き、運動会などの学校行事にも参加しました。

 Rくんが手話で“パパ、パパ”と呼ぶようになると、本当にうれしそうで目に入れても痛くないという感じで」(同・芸能プロマネージャー)

 同氏はかつて、長男が通う聾学校の卒業生で登山家として世界の頂を踏んでいる男性に、ホームページを通じてこんなメッセージも送っていた。

《現在、3歳の息子が〇〇聾学校の幼稚部に通っております。〇〇さんの登山などの記事を拝見しまして、とても感銘を受けました。息子の将来に不安はありませんが、〇〇さんのように何か打ち込めるものや夢を抱き、笑顔で成長してほしいと願っています》(〇〇は編集部伏字)

 本当の親以上にRくんのことを考え、大事に育てていたという冨重氏。メッセージで“息子”と呼んでいるところからも、その本気度がうかがえる。その後、学校に近い地域に住居を移して一家は幸せな日々を送っていた。

「すっかり再婚されたものと思っていました。よく3人でお散歩していました」

「最寄りの駅近くでよく朝マックをしていましたよ。登校する前だったんでしょうね」

 このころには住民らに親子の姿も目撃されている。

 一方で'08年に長男の障がいを告白してから、聴覚障害者関連の仕事も増え多忙になっていった今井議員。代わりに長男の面倒を見続けていたのが冨重氏。2人の間では再婚話が何度も出ていたというが、最終的には至らなかった。