東出昌大 撮影/伊藤和幸

 夫となり父となった東出昌大(29)。子どもの話になると目尻を下げ、笑顔を見せる――。

 東出といえば、前クールのドラマ『あなたのことはそれほど』で不倫した妻に嫉妬狂いする夫を演じ、その“怪演”が話題になったばかり。

「民放のドラマを1クールしっかりやるというのが久しぶりだったんですが、配役のバランスも絶妙で、反響がすごかったですね。道を歩いていても急に役名の“涼太”って呼ばれたりして(笑)。テレビってすごいなってあらためて思いました

 そんな彼がまたもや“怪演”を見せると話題の映画が『関ヶ原』だ。タイトルどおり、天下分け目の合戦を描いた大作で、東出は西軍として参戦する小早川秀秋を演じている。

 東軍に寝返り、いわゆる“裏切り者”として語られることの多い小早川。だが、今回は“義を貫こうとする武将”として描かれる。

「小早川って小柄で華奢で愚鈍で色白のナマッチョロイ男の子っていうイメージがあったんです。僕はこのタッパ(身長189cm)だけでも大きい。だからお話をいただいたときは正直驚きました。でも台本を読んだら“そうきたか”って。そこにはこれまでとは違う小早川が描かれていたんです」

 出演オファーから撮影に入るまで数か月。その間、文献を読み込むなど下準備に勤(いそ)しんだ。

「合戦絵巻にはよく出てくる小早川も、彼について専門的に描かれている本が“これだけか”っていうくらい数冊しかないことに驚きました(笑)。でも、その限られた情報の中でも僕の小早川像というものがどんどん塗り替えられていって。新しい彼の姿に期待していただければ!」

“この夏の勝負を賭けた作品”と意気込む東出だが、そうなるのも無理はない。彼は大の歴史好きとして知られ、博識ぶりには驚くばかり。

もう“歴史好き”の粋を超え、さんの読者の方からしたら、煙たいくらいマニアなので(笑)。槍同士で(突くのではなく)叩いたり、母衣(※)が出てくるとか、撮影でもマニアックな部分を見ては喜んでいました」