舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第16回は小池徹平さんが浦井健治さんを指名! 『』本誌(2017年9月5日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から小池徹平、浦井健治 撮影/森田晃博

健ちゃんの月は心理戦がすごくて、より人間味が増したような気がする

――おふたりが出演される『デスノート THE MUSICAL』再演は、初演と変えている部分はあるんですか?

浦井 まず熱量がL(エル)と月(ライト)の中ですごく違うのを感じる。初演はもちろん無我夢中という熱があったけど、再演は役がもう血となり肉となり、身体に落ちてる状況からスタートしてるから。

小池 それはカッキー(柿澤勇人 ※浦井とダブルキャストで月を演じる)と3人でも話してて。

浦井 現場でそれが化学反応として湧き上がっているからこそ、ニュートラルに台詞と向き合えたんです。皮膚感覚でヒリヒリしたものが増えた。2年前より、今の時代においてDEATH NOTEの物語の現実味が増してるっていう感じがあって。台詞にすごく臨場感があって、怖くもなったんですよね。

 だけど、そこに立ち向かっていくうえで、3人で共通認識として、これは生身の人間がこういうふうに崩壊していくんだとか、こう向き合って友情とか絆が生まれたりだとか、板の上でそういう対峙が“あうん”の呼吸であって、より信頼が増したっていうのはありますね。

小池 2年間って自分たちの中でもすごく大きな時間で。年を重ねて今改めてDEATH NOTEって作品と向き合ったときに、感覚がまた全然違うんですよね。より役に対して突き詰められる時間がたくさんあったので、それは変わって当たり前だよねっていうか。

浦井 うん。どんどんよくなるね。

――小池さんから見た、2人の月の魅力の違いは?

浦井 聞きたい!

小池 ここでキラになりますって決定的なところはたぶん一緒なんですけど、その過程の染まっていき方だったり、Lと敵対する熱量が全然違ってて。台詞への感情の入れ方も、冷静でグサって突き刺すか挑発に乗るか、気持ちが表情に出るか出ないか……。相手に少しずつ変化があると、こっちもどうしてやろうかなってなる。

浦井 アハハハハハ!

小池 健ちゃんの月は、心理戦がすごくあってものすごく熱いんですよ。より人間味が増したような気がする。

浦井 嬉しい~。カッキーも僕も、前の芝居をなぞらないで、毎公演、感じたままで挑もうというスタンスで、そのぐらい人間味っていうところを突き詰めているんですね。それを徹平が感じてくれていることが心強い。