本誌で連載中の『有村昆のシネマファッション』が9月5日号で最終回を迎えた有村昆さん。妻でタレントの丸岡いずみさんと「夫婦×映画」というテーマで思う存分、語ってもらいました。ふたりの家庭内で起こった映画にまつわる“爆笑エピソード”や“心温まる秘話”とは──。

  ◇   ◇   ◇  

 年間500本以上も鑑賞している有村さんの影響で、丸岡さんも映画漬けの日々を送っているかと思いきや、実はそんなこともないようで……。

丸岡(以下、丸)「正直いって、映画を見るのは月に1回くらいで、頻度は高くないんです(笑)。主人にオススメされたものを見ることはありますね。最近だと『君の名は。』。主人とは映画館で『最強のふたり』を見ました」

有村(以下、有)「私は仕事柄もあって、試写会や公開前の映画を見ることが多く、先日はアニメ映画『この世界の片隅に』を“これは名作だから見て!”と、いずみん(※家庭内での奥様の愛称)にオススメしたんです。でも当初は全然見てくれなくて、メディアが取り上げ始めてからやっと、“あの映画いいらしいね!”って(笑)

有村昆・丸岡いずみ夫妻

“夫婦”で見てほしい作品

 映画評論家の夫の影響で少なからず映画を見る機会が増えたという丸岡さん。そんなふたりが“夫婦”で見てほしい作品は、“男女で意見が分かれる”映画だそう。

「『フレンチアルプスで起きたこと』という北欧の国々で共同製作した映画をご夫婦で見ると面白いと思いますよ! 家族でフレンチアルプスにスキーに出かけたところ、突然、雪崩が起こるのですが旦那さんが奥さんと子どもを置いて逃げちゃうんです(笑)。結局、雪崩の影響はなく全員助かるのですが、奥さんが“なんで逃げたの?”という話になって旦那さんも言い分を話し始めるんです。まさに男女で見方が違うと思いますよ

「ひどい夫だなと思いましたよ!」

「男性は生物学的にそういった生命の危機が起こると反射的に逃げてしまう生き物だそうで、不可抗力だと聞きました。僕が同じ状況だったら生物学的に言うと、いずみんを置いて逃げるのかもしれない……(笑)

「逃げそうだよね(笑)。ご夫婦で見ていただけたら、意見を言い合ったりして盛り上がると思いますよ」

「クローゼットから“シュコー、シュコー”と男性の声が」

 有村さんは“映画を見ることが仕事”でもあるだけに、有村家で起こる映画にまつわるエピソードは尽きないようで。

「ある日、家に帰ったら玄関のクローゼットから“シュコー、シュコー”と男性の声が聞こえたんです。実は、主人が購入した『スター・ウォーズ』に登場する『ダース・ベイダー』の頭部の模型で、そこから声が出ていたんです。そのときは本当に怖くてマンションの警備会社に電話しちゃいました(笑)」

「あのときはごめんね(笑)。何かの拍子でスイッチが入っちゃったみたいで……。ほかにも『スター・ウォーズ』の『R2-D2』の実物大模型を持っています!」

「それも購入した当初は部屋に置いてあったんですけど、邪魔になって大変だったので今はトイレスペースに移動させました(笑)」

「ほかにも『アベンジャーズ』のフィギュアもトイレスペースに移されまして……。映画関係のグッズも多く所有しておりまして、2段ベッドの上の部分に『テッド』のぬいぐるみや『E・T』や『インディ・ジョーンズ』のフィギュアがごっちゃに入っていて“奇跡の共演”を果たしています(笑)

“トイレスペース”に移動させられたという『スター・ウォーズ』に登場する実物大『R2-D2』(左)と映画関連フィギュア