土屋太鳳(左)、間宮祥太朗(右) 撮影/廣瀬靖士

土屋「ロードバイクは40~50キロもの速さが出ているんです。スピードを出すのがすごく大変でした」

間宮「自分がやるぶんにはいいんですが、太鳳がすごい勢いで走ってるのを見て“転んだらどうするんだよ、国民的女優!”って思ってましたね(笑)」

 毎年、琵琶湖で開催される“鳥人間コンテスト”を題材にした青春エンターテイメント映画『トリガール!』で共演した土屋太鳳(23)と間宮祥太朗(24)。犬猿の仲である先輩後輩を演じた2人だが、普段は“太鳳”“祥太朗”と呼び合い、仲睦まじい様子を見せる。

間宮最初、太鳳は俺のことを“間宮さん”って呼んでいたんですけど、役柄の関係性もあって“祥太朗って呼んで、俺も太鳳って呼ぶから”って、お互い呼び捨てにすることにしたんです

土屋でも最初は慣れなくて“しょーたろー”ってちょっとごまかしていました(笑)

土屋太鳳 撮影/廣瀬靖士

 劇中では、汗だくになりながらバディを組み、自転車を漕いで漕いで、漕ぎまくり! 間宮は“映っているのはだいたい自前の汗です”と語り、体力的にかなりハードだったことがうかがえる。そんな1か月間にも及ぶ厳しい現場を終えた2人。互いの印象は?

土屋「(間宮演じる)坂場先輩は、豪快であり、友情に熱い。私にとっては幕末の武士みたいな存在で」

間宮「なんで俺、幕末なの(笑)」

土屋「なんでかな(笑)。でも祥太朗自身、すごいしっかりしているけどちゃんとふざけるところは全力でふざける、メリハリがハッキリしていて、なんだか今の時代には珍しいタイプだなと思いました。初対面のときから心を解放して接してくれたので、全力でぶつかり合うことができました」

間宮俺は単純に“キレイ”な子だなって思いました。それは顔かたちとか造形美だけじゃなくて、例えば、スクスクと育った樹木を見て“キレイだな”って感動できる、そんな子です。撮影は、すごく楽しかったよね。実は現場でアドリブが頻発していて。でも太鳳はパッと投げたことに対する返しのスピードもセンスもバツグンでした」