天気にまつわることわざはたくさんあるけれど、その信憑性は?「テレビもラジオも天気図もなかった時代、昔の人は空や周りの動植物を見たり、自分の体調などから天気を予想していました。それを“観天望気”と言い、天気のことわざとして現在に言い伝えられているものもあります。必ず当たるわけではないんですが、理にかなっているものもわりとあるんですよ」。そう語る、気象予報士の蓬莱大介さんに詳しくお聞きしました。
本文を読む