最近、テレビや新聞で介護特集が組まれると、やたらと目にする茶色い作務衣を着たおにいさんをご存知ですか? 彼の名前はズバリ、“ごぼう先生”。「大人のための“体操のおにいさん”」、介護界のアイドル、略して「カイドル」と言われ、全国のお年寄りから愛される爽やか青年です。そんな、ごぼう先生を直撃取材!

ごぼう先生。ごぼうの「ご」は介護の「ご」、ごぼうの「ぼう」は予防の「ぼう」

1万人のシニアが絶賛!

 30代前半の爽やかおにいさん、といった雰囲気の笑顔が印象的なごぼう先生は、地元・愛知県で介護サービスを運営しながら、全国をまわって自身が考案した健康体操を教えている。これまでに、北海道から長崎・五島列島まで全国300か所、1万人以上のシニアと一緒に健康体操を行ってきた。

 この夏から、CS・スカパー! 時代劇専門チャンネルにて、『【健康体操】朝だよ!ごぼう先生』なる番組も始まり、まさに彗星のごとく現れた“カイドル”。そんなごぼう先生に話を聞いてみた。

                ◇    ◇    ◇

 こんにちは! 大人のための体操のおにいさん、“ごぼう先生”と申します。トレードマークは、GOBOUと手刺繍された茶色の作務衣です。普段は愛知県岡崎市で介護の仕事をしつつ、介護が必要な方々から元気なお年寄りまで一緒に、テレビ番組の中でイスに座ったままできる健康体操を行っています。

 目指すところは、日本一の「大人のための体操のおにいさん」。NHKの子ども番組の体操のおにいさんの、シニアバージョンです。超高齢化社会において、まだ存在していないポジションだと思い、これまでの経験をひとつひとつ活かしながら、日々、体操に取り組んでいます。

 これまで、たくさんの方にお会いしていますが、みなさんが共通しておっしゃることがあります。それは、

「こんなに長生きするとは思わなかった」

「いつまでも元気で自分らしくいたい」

 おそらく、多くの方が声にしないまでも、「これからも元気でいるためにはどうしたらいいんだろうか」と漠然と考えているのではないかと思います。