日本の方は本当にビールが好きですね

「とりあえずビール!」という言葉は、もう古いですか? 私が初めて日本人がビール好きだと知ったのは、日本のドラマ「木更津キャッツアイ」でした。

 ギリシャ人の私は、日本のドラマ・映画オタクです。『木更津キャッツアイ』はジャニーズ好きがきっかけでハマりました。初回のシーンで、野球チームのメンバーが「ビール、ビール」と声を合わせながら、町中をランニングしているシーンが強烈に印象に残っています。

 目的地のバーに到着するなりみんなが声をそろえて「ビール!」と注文し、美味しそうに飲んでいましたよね。このドラマを見て「日本人は本当にビールが好きなんだな」と驚きました。

日本人は「お酒をたくさん飲む人たち」

 最近は、初めからビールを注文する若者が減って、自分の好きなものを注文すると聞きます。みんなで同じものを注文して早く会を始める。そんな協調性を大切にするのが日本人だと思いますが、少しずつヨーロッパやほかの国の影響が入ってきているのかもしれませんね。

 ヨーロッパでお酒といえばワインやウイスキーが一般的だと思います。ギリシャでは「ウゾ」と呼ばれる少し甘いアニスの香りがするお酒や、「チプロ」というブドウの種から作るお酒もよく飲まれます。両方ともアルコール度数が40%くらいのものも多いので、すぐに酔っ払うことができます。安上がりでいいですね!

 ビールが好きなギリシャ人もいますが、私はあまり好きではありませんでした。でも日本のドラマや映画を見たり、日本人と交流するようになってから、おいしいと思うようになりました。日本の方は、本当にビールが好きですね。最近では、ギリシャで飲んでいても「とりあえずビール」と言うことも多くなりました。

 実は、ヨーロッパの国々では、日本人は「お酒をたくさん飲む人たち」というイメージを持つ人がけっこういます。私はこれを疑っていました。日本人は静かで、ずっと働いていると思っていたので、外でお酒を飲む印象があまりなかったからです。

 しかし、私の予想は間違っていました。日本の男性と結婚し、いろいろな日本人と接してきましたが、実際の日本人は、人と会う機会があれば必ずと言っていいほどお酒を飲みますし、年末年始の忘年会や新年会では、毎日のようにお酒を飲むことがわかったのです。