舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第18回は平方元基さんが中川晃教さんを指名! 『』本誌(2017年10月3日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から中川晃教、平方元基 撮影/廣瀬靖士

アッキーがやるって聞いた瞬間に、すぐ「やりたい!」って言いました

――『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~での共演が決まったときの心境は?

平方 僕は、アッキーがやるって聞いた瞬間に、すぐ「やりたい!」って言いました。で、その後、『銀河鉄道999』ですっていうのを聞いて。

中川 内容よりもまず、共演っていうところに食いついてくれたわけね。俺は、元基がキャプテンハーロックをやるって聞いて、ピーンときたんですよ。

平方 いやいやいや(照れ)、けっこう難しいと思うよ。だって、あのキャラクターをどういう感じで舞台で表現していくのか。鉄郎の人生を変えていくような存在としての説得力を持たせないといけないしね。せっかくアッキーとやれるから、外側だけじゃなくてそういうところもちゃんと組み立てていけると、人間がやる意味があるのかなと思う。

中川 うん。一人一人のキャラクターの、アニメでは知ることができないバックボーンみたいなものが、舞台だからこそ表現できると思うんだよね。なぜ鉄郎はキャプテンハーロックに憧れていたのかとか、そこをどう芝居で、また音楽で構築していけるかっていうのが見どころだと考えると、誰と組むかってすごく重要だから、元基がハーロックをやってくれるって聞いて、うれしかったしワクワクした。

平方 うれしい! アッキーの鉄郎も楽しみ! いい意味で想像がつかないから(笑)。

本来そういうタイプじゃないんだけど、ついつい面倒みたくなる

――お互いどういう部分に惹かれて友情を深めていったんですか?

中川 オフを見たときですね。『Golden Songs』(’15年に初共演したコンサート)の楽屋で、化粧前(メイクをするための個人スペース)が俺の横で。メイクをぺっぺっぺってやりながら話してる姿を見てて、面白いなって思ったんですよ。

平方 (笑)。何の話してましたっけ?

中川 話の内容より、化粧前ってその人の性格が出るじゃないですか。女性でも化粧ポーチの中身とかに出るでしょ?

平方 素がね(笑)。

中川 元基はけっこう几帳面だけど化粧前が汚い。すっごい汚かったんですよ(笑)。

平方 アハハハハ! 僕なりにこだわりがあるんだけど(笑)。

中川 パフの衛生面とか気になって、「肌大丈夫? 荒れるよ」とか言いたくなっちゃうというか。

平方 アッキー優しいでしょ(笑)。

中川 俺、本来そういうタイプじゃないんですけど、ついつい面倒みたくなる。とにかくかわいかったんですよ。いろんな面があって、なんか興味をそそられて、バックボーンも知りたくなって。

平方 フフフフ。

中川 で、ご飯食べに行ったときに、デビューの経緯からいろいろ話して。九州から出てきたって聞いて、俺も仙台出身だし、すごくシンパシーを覚えたんですよ。あと話していて、努力する反面、感覚とか感性も鋭いなって思った瞬間があって。ちょっと真面目な話をしたとき、“あ! 俺が言わんとしてるところを彼はこういうふうにキャッチしたんだ”って、一瞬で埋まったものがあったんですよね。そこから、勝手に俺は一目置くようになって。