いまや私たちの生活に密着した存在となった“コンビニ”。その進化はとどまる所を知らず、カラオケやちょい飲みができる変わりダネ店舗、高齢化社会にフィットするべく介護分野に特化した新業態のコンビニなども登場。気になる最新コンビニ事情をお届けします。

【ファミリーマート】栄養ケア・ステーションからカラオケ併設店まで!

 コンビニでそんなことまで!? というサービスがファミリーマートに登場。’16年7月に、御成門店(東京都港区)に『栄養ケア・ステーション』を設置、これを皮切りに順次拡大していくという。セミナーを開催するなど、食に関する幅広いサービスを展開予定だ。

 そのほかカラオケDAMと提携し、カラオケの受付とコンビニのカウンターを一体化する試みも。ファミマで買った食品がカラオケルームで飲食可能に。

 書店一体型は深夜でも本がゆっくり選べると好評だ。

 オフィス内自販機も便利。菓子やカップ麺などはもちろん、弁当も購入できる。

左/カラオケ好きにはたまらない! 右/自販機ではおにぎり、パスタ、デザートまでがそろう(ファミリーマート)

【セブン-イレブン】まるでスーパー!? の大型店舗が出現!

 コンビニとスーパーの垣根がなくなりつつある昨今。この傾向を反映させたセブン-イレブンの新型店舗が東京都町田市にオープンした。

 店舗面積270平方メートルと通常の1・3倍の広さ。店内を回りやすいよう入り口は中央に配置、高齢者や女性客を意識し、商品棚は従来より15cm低くした。冷凍食品やチルド食品の品ぞろえを強化しているのも特徴。PB以外の取り扱いも目立つ。

 洗剤などの日用品はファミリータイプ、大容量のものがそろい、スーパー並みの充実ぶり。この形態が増えればスーパーの強力なライバルになることは間違いない。

新型店舗はスーパー化が顕著。うまくファミリー層を取り込めるか……(セブン-イレブン)