会見で喜びを爆発させた泰葉だが、家族の話になると涙を見せた

「女性として、どうしても子どもをつくりたい。どういうふうにつくるかはわかりませんが今は医療技術も発達している。彼の血筋を残したい」

 9月20日、20歳下のイラン人会社経営者のメィヒディ・カーゼンプールさんと婚約会見に臨んだ泰葉。その席上で、子づくり宣言と'19年いっぱいでの芸能界引退を明らかにした。

「マスコミは50人ほど集まりましたが、お金がないからかスタッフはおらず泰葉が自分で受付をしていました。しかも、場所は浅草にある時代劇の稽古場で、会場費は数千円だったとか。10年前に金屏風の前で行った春風亭小朝との離婚会見は、300万円ほどかけて帝国ホテルで行ったので、隔世の感がありますね」(芸能レポーター)

 約1時間に及ぶ会見では、ノロケ話の連発。結婚後は日本、イラン以外の第三国で暮らす予定であることを語っていた。

「フィアンセはイラン国内で18歳のときにイルミネーションや案内板を作る会社を起業し、技術者として4つの特許を取得。現在、社員は35人ほどいるようで、政府とも取引があると話していました。ただ、記者から年収を聞かれると、“イランのことわざに、女性には年齢を男性には収入を聞いてはいけない”と話し、煙に巻いていましたね」(スポーツ紙記者)

 この会見の8日前には、『』が『泰葉が自宅に送りつけた出刃包丁、脅迫状、犬のフン』と題し、元マネージャーのA氏への脅迫をスクープ。しかも、CD制作費約600万円のほか、クレジットカードや税金、健康保険料、車のリース代など未払いのものが合計1000万円ほどにのぼることも報じている。

 彼女のラブラブ会見を見たA氏は、あきれた表情でこう話す。

「婚約して浮かれるのはいいですが、払っていないお金に関しては、きっちりと払ってもらいたい。ほかの債権者たちも“金返せ。ふざけんな!”って怒っていますよ。まさか未払い金を払わずに第三国に逃げるようなことはないと思いますが、泰葉さんが払えないようなら、フィアンセの方に代わりに払ってもらいたいですね」

 すでに神奈川県内にある泰葉の自宅で、“プレ”新婚生活を楽しんでいるふたり。だが、前途はかなり厳しそうだ。

「泰葉の実家はこの婚約に対して報道陣からコメントを求められましたが、母の香葉子さんは完全無視。弟の正蔵、三平も無言を貫いています」(ワイドショー関係者)

 はたして、ふたりはどこに飛んでいくのだろうか……。