外国人留学生と気さくにお話しする佳子さま

先日、学内の食堂で佳子さまをお見かけしましたよ。いろいろな具材を薄いパン生地で包む『パニーニ』を食べていらっしゃいました。そのときは外国人の女性と一緒で、英語で楽しそうにお話しされていました」(居合わせた女子学生)

 秋篠宮家の次女で国際基督教大学(ICU)3年生の佳子さまは、イギリス中部に位置するリーズ大学に留学されている。

 9月12日に民間の航空機で日本を発った佳子さま。イギリス到着後は、ロンドンで1週間ほどを過ごされた。

「ロンドンでは、最初に日本大使館を訪れて数時間、滞在されたそうです。

 市内の観光も兼ねて、ロンドンにしばらくいらっしゃったようです。その後、リーズに向かわれました」(秋篠宮家関係者)

 オリエンテーションが始まる9月18日には、リーズ大学の敷地内にある学生寮『C』に入寮されていた佳子さま。

キャンパスではじまる寮生活

「『C』は、キャンパス内の寮では最多の600名を超える学生が生活しており、食事もついています。

 各部屋にインターネット設備もあり、共用ルームにはビリヤード台やスクリーンテレビも備えられていますね。

 寮の玄関に入るときも専用キーが必要なので、セキュリティーも万全です」(『C』に住む男子学生)

 大規模な寮をお選びになったのは、なるべく多くの留学生と交流されたいお気持ちがあってのことかもしれない。

 そんな佳子さまのお姿を発見したのは、9月18日の午後3時ごろ。大学内にある『ユニオン』という施設でのことだ。

 その日の最高気温は15℃ほどで肌寒く、佳子さまは茶色のレザージャケットにジーンズ、黒ブーツというファッションだった。

『ユニオン』には、コンビニや食堂、バーなどが入っていて、授業がない学生は基本的にこの施設に集まってきます。クラブのようなスペースもあり、夜通しのイベントが開かれることもあります」(リーズ大学OG)

『ユニオン』の中を40分ほど見て回られた佳子さまが次に向かわれたのは、イギリス国内でも最大級を誇る図書館。

 館内を見学したあとに日本人の留学生数名と合流され、午後5時には再び『ユニオン』の中にあるラウンジスペースへ。