菅田将暉 撮影/廣瀬靖士

世の中に自分自身を知ってもらわないと、できないことってあるんですよね。例えば、作品を制作するときや、PRの方法を考えるとき。そういうときに、自分が表に出ていることが生かせる瞬間に立ち会えると、よかったなと思うと同時に責任感を感じます

 ドラマ『民王』や、映画『帝一の國』など話題作に出演し、若手俳優の中でも人気・実力ともに一歩抜け出した感のある菅田将暉(24)。

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』で演じる青年期からの井伊家の嫡男・虎松は、後に直政と名乗り“徳川四天王”の一角を担う。井伊家再興を果たす、物語の重要なキーパーソンに抜擢された菅田だがーー。

「虎松は、ゼロ以下のマイナスからスタートして這い上がっていく男。今の僕が置かれている立場と照らし合わせて、慢心せずにいられるというか……。まだまだ頑張れと、脚本の森下(佳子)さんやプロデューサーに尻を叩かれている感じがしています(笑)。

 才能や持っているものだけで上がっていくのではなく、ドロ水をすすり、カッコ悪いところもいっぱい見せて、精神的に何度も負けてもひとつひとつ学んでいく。この過程が今の自分の境遇を含め、やりがいがあってワクワクしているんです

 そんな覚悟を持って臨む役。自分と似ている部分は?

「真逆な存在かもしれません。今回は虎松を14歳から演じるのですが、当時の僕は運動は好きだったけど、線が細くて。モテたかったから髪の毛を伸ばしたり服を買いに行ったりと、色気づいてました(笑)。

 彼のように自分の人生について1回も考えたことがなかったし、興味があったのは明日の髪型のことだけでした(笑)。同じ年代の自分との共通点は、虎松が元服前で前髪を下ろしていることくらい。僕は大胆な行動力もなく、せせこましく生きていましたから(笑)」

 森下脚本は、朝ドラ『ごちそうさん』以来で2作目。

『ごちそうさん』でもそうだったんですけど、必ずBL要素が一瞬入るんです。今回はソフトタッチですけど、森下さんは僕のBLが好きなのかな(笑)。

 でも史実などを調べると確かに、家康のお気に入りの中でそういった要素もあったかも、っていろいろ出てくるんです。こういうのを脚本に入れてくるのは、うまいなと思いましたね」