テフン 撮影/佐藤靖彦

 CODE-Vの末っ子・テフンが9月27日にTaeHoon名義でソロデビュー! R&BからHIP HOPといった、テフンの好きな音楽が詰まった大人な1枚に。自身が作詞作曲を手がけた楽曲はもちろん、CODE-Vのメンバー・ナロもアルバム制作に参加。

 見た目こそクールで大人っぽい彼も、インタビューではヤンチャな一面が全開! 19歳の彼に聞いた、フレッシュな一問一答もあります。最後までお楽しみください!
 

アルバム『19』で、19歳のテフンを楽しんでください

――まずは、ソロデビューおめでとうございます!

ありがとうございます! 1人で歌ってみたいって気持ちは、もともとありましたが、自分に自信がなくて“無理だな”ってこれまで諦めていたんです。でも、今回このような機会をいただいて、新しい挑戦ができて本当にうれしいです」

――すでに各地でインストアライブを行っていますが、1人でステージに立つ気持ちはどうですか?

「超緊張しました。全然緊張しないタイプで、CODE-Vとして初めて立ったライブ以外は緊張したことないって感じだったんですけど、1人は本当に怖くて。まず、歌い終わったあとに何を話せばいいのか分からない(笑)。いつもだったらメンバー5人で立つと狭く感じるステージも、1人だと“こんなに広かったっけ?”って思うくらいでした。いい経験になりましたし、学ぶことも多かったです」

『19』TaeHoon(from CODE-V) ※記事中にある画像をクリックするとamazonのページにジャンプします

――今回のアルバム『19』には、メンバーのナロさんも参加されています。

「この『19』ってタイトルも、ナロさんと決めたんです。アドバイスをくれたというより、一緒に考えて、一緒に作ってくれました。今回、僕自身も曲作りをしています。初めて日本語で書いたので頭がパンクしそうでした(笑)」

――テフンさんって大人っぽいから、19歳って感じがしないですよね。

「韓国の年齢なら、もう21歳なんですけど日本では19歳です。よく“大人っぽいね”と言われますが、昔から僕を知ってる人には“老けたね”と言われることのほうが多いです(笑)。自分でも自覚はあります。毎朝、鏡を見るたびに“これ絶対に19歳じゃないよな!?”って気持ちになるので……」

テフン 撮影/佐藤靖彦

――収録されている楽曲『MAMA』は、実際のお母さんを思って作った曲だとか。

「そうなんです。お母さんに言いたいことを書きました。でも、日本語なので本人には意味が伝わらないと思います(笑)」

――テフンさんのお母さんはどんな方ですか?

「まず、僕のことを息子だと思ってないです。たぶん彼氏って思ってます(笑)。怒るときはめっちゃ怒りますけど、僕のことをいつも信じてくれるお母さんです」

――きっと自慢の彼氏ですね! 自分の、一番イケてると思うところはどこですか?

「え〜……難しいですね。ありすぎて」

――ありすぎて(笑)。

「冗談です(笑)。スタッフさんにはいろいろ言われますよ、今日は目が開いてないとか、顔がむくんでるとか。いつも僕のことをイケメンって言ってくれるのは、お母さんくらいです(笑)」

――ソロデビューをして、ますますカッコよくなっていくテフンさん。ファンのみなさんにメッセージをお願いします!

「はい! まず、初めてのソロアルバムなので僕自身もすごく気合いが入っています。足りない部分もあると思いますが、新しいテフンを楽しんでもらえたらうれしいです。たくさん聴いてください!」