元SMAPの3人が立ち上げたサイト

 I 女史。

 『PIMRE』の読者なら説明不要の人物、元SMAPのマネジャーの I 女史の仕掛けが、芸能メディアの関心を集めている。

「当初、芸能界のこれまでの慣例に従って、半年から1年は新たな仕掛けをしない、という流れになるだろうと思っていたのですが、9月8日に事務所を退所して以来、攻撃的ですね」

 と大手芸能プロダクション幹部も驚きで受け止める。

 新しい事務所を I 女史がすでに立ち上げていたこと、そのことを新聞広告で告知したこと、そこに3人が所属したこと、そしていきなりインターネットテレビへの出演を決めたこと。

「 I 女史か小池都知事か、というぐらいの戦略戦術でしょうね」

 と明かすジャーニーズ担当記者は、I 女史のジャニーズ憎しの心情を次のように推測する。

「数年前、『週刊文春』のインタビューで、I 女史はメリー喜多川さんに面罵され、全国に恥をさらされてしまった。現在の物差しで測れば、明らかなパワハラですよ。その恨みを I 女史は忘れていないし、元SMAPのメンバーともその気持ちを共有しているはず。

 これまで通りの商品価値を保ち、それ以上の存在に3人を持ち上げる、というのが I 女史の狙いでしょう」

 地上波で新しい番組を持つとなると、ジャニーズ事務所とバッティングするが、I 女史が狙いを付けたのはインターネットテレビ。

「ネットはジャニーズの未開の地です。ネットの社会なら、軋轢の生まれようがない。それからもうひとつ、テレビ朝日にとっても渡りに舟だったのです。

 実は『SmaSTATION!!』が終わるにあたって、局側に抗議のメールや電話が来ているんです。どうして終わらせるのかと。それがジャニーズファンからさらに周囲に拡大すれば、かつて韓流をオンエアーしすぎと叩かれ、以来、視聴率の低迷時代を迎えたフジテレビになりかねない。

 3人が出演するインターネットテレビは『Abema TV』ですから、テレビ朝日が運営に関わっている。そこで初めて、元SMAPのメンバーを取り上げることで、ファンの批判をそらすことができると踏んだのでしょう」(アイドル誌ライター) 

「希望の党」という政党名を今年2月に商標登録し、先々のことを狙っていた小池東京都知事に、巨大な権力に立ち向かっていく I 女史の姿は重なる。

 勝負の行方に注目だ。 

<取材・文/薮入うらら>