高良健吾 撮影/廣瀬靖士

僕の中で“このままでいいのか”っていうことは常に思っていて。自問自答なんです。わからないんだよな、どうやったら頭の中ってからっぽになるんだろう。仕事じゃないことも考えてるし、寝ても夢ばっかり見るし(笑)。でも、今さら変えられない、こうやって生きてきたから。これが僕にとっての“普通”なのかも」

 数々のドラマや映画に出演し、月9からミニシアター系まで幅広く活躍する役者・高良健吾(29)。作品によってさまざまな“顔”を見せる高良だが、映画『月と雷』では、“普通の生活”を追い求める孤独を背負った青年・智を演じている。

「撮影中は“普通”って何だろうと考えました。この作品に出てくる人たちはみんな寂しそうだし、飢えてるし、何かに傷ついてて、それでも自分の弱点を認めて一生懸命生きている。もどかしさもあるけど、彼らの“普通”はこの人たちの生き方でもあるから否定・肯定するってことではなく、この生き方を見たときに何を感じるかが、この映画の面白さだと思います」

 撮影は田園が広がる自然豊かな場所で行われたそうで、

「田舎が好きなんです。人間が手をつけてない場所、そういったところに惹かれるんだと思います。地元の熊本も自然豊かで。今でも年に3~4回は帰っています」

 転勤族の父のもとで育った高良。生まれた熊本を1度は離れるも中学2年生で戻り、そこから青春時代を過ごす。

今でも地元のやつらとは仲がいいです。でも、もうみんな子どもがいるんですよね。最近では東京というか役者友達の東出とかも、いきなり3人の子どもの父親になってて。カッコいいな~って(笑)

 昔から深い親交があるという東出昌大とは、16歳のときに初めて受けたモデルのオーディションで出会ったとか。

「当時、僕は熊本の高校生、あいつはまだ埼玉県の高校生でした(笑)。オーディションに高校生は僕たちしかいなかったんです。そこで東出がグランプリをとって、僕は2次審査で落選しました。役者を始めたのは僕のほうが先だったけど、大河ドラマ『花燃ゆ』でライバル関係(高杉晋作と久坂玄瑞)になったり、日本アカデミー賞で再会したり(笑)。おもしろい関係ですね」