約3年前、仕事で出会ってから、気のおけない友人として、またよきライバルとして、刺激しあえる関係を築いている崎山つばさ(27)と中尾暢樹(20)。今回は、ハロウィーンイベント開催中の東京ディズニーリゾートでの撮影に、揃って出演してくれた。

『』本誌(2017年10月17日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください♪

(左)崎山つばさ、(右)中尾暢樹 撮影/廣瀬靖士

――ともに仕事では初めてという、ディズニーロケの手応えは?

崎山 染まったねー! メイクで仮装したり、期間限定のフードを食べたり、思う存分ハロウィーンを満喫しました。今日は楽しむのが仕事だと思って、プライベートの延長のような感じで過ごしたよね。

中尾 いつもは乗り物メインで走り回っているけど、こうやってじっくりショーを見るのも全然違う楽しみ方で、大満足! 場所取りしてパレードやショーを見たことがなかったんだけれど、そういう人の気持ちがわかりました。

 最前列でダンサーから手を振ってもらったりすると、仕事を忘れて盛り上がったよね、「今、ウィンクされたー!」とか。今日はハロウィーンにちなんで、自分の服のテーマカラーを紫にしたんだけど、つばさも同じように、オレンジをポイント使いしてきていて。打ち合わせもしていないのに偶然だったね。

崎山 通じ合ってるからね(笑)。

(当日は私服で来てもらい、現地に着いてから撮影用に身につけるディズニーグッズをセレクト。ハットやカチューシャ、バッジやリストバンドなど、どちらが何をつけるか積極的に、また楽しそうに選んでくれた)

中尾暢樹 撮影/廣瀬靖士

――プライベートでも、一緒にディズニーに来るそうですが?

中尾 共通の友人と6人くらいで、ワイワイ来ることが多いです。5時起きして朝イチでパークに入り、ファストパスにダッシュして。

崎山 お揃いのサングラスを、みんなで買ってかけたり。張り切りすぎて、途中で体力が切れるよね。

中尾 夕方くらいに、休憩をはさむね(笑)。仲間うちでひとり、ディズニーに詳しい人がいるので、無駄のないスケジュールを組んで、最短ルートや穴場を教えてくれるんです。それまでは、王道のジェットコースターばかりを攻めたりしていたけれど、トゥーンタウンのミッキーの家でミッキーと写真を撮ったりすると、こういうのもいいな〜って。

崎山 いろいろな楽しみ方があるのが、ディズニーのすごいところだよね。まぁなんだかんだ言って僕は、「カリブの海賊」だけ乗れれば満足なんだけれど。

中尾 好きだよね(笑)。

崎山 3回連続とかで乗りたいくらい好き。それに付き合ってくれる人は少ないけどね。

中尾 次は付き合うよ(笑)。

(撮影後半には、急遽ハロウィーンメイクをすることになり、パーク内のベンチで悪魔メイクに変身! 彫りが深く端正な顔立ちだけに、メイクがハマりまくっていたふたりだった)