ダイエット成功者はお菓子を食べていた

お菓子を食べてダイエット中に息抜きをしよう!

 ダイエット中にお菓子を食べるなんてとんでもない!って思っていませんか。でも実際にユーザーにアンケートを行ってみると、ダイエット成功者でも意外なほどにお菓子を食べているということがわかりました。いい食生活を続けるためには、我慢のしすぎがかえってよくないのです。

 お菓子を食べ過ぎればカロリーオーバーになってしまいますが、適度に食べるだけならば、心に充足感が生まれるため、プラスの方向に働いてくれます。食べる量と内容に気をつけて、うまく息抜きをするほうがだんぜんお得なのです!

ダイエット中のお菓子の食べ方、6つのポイント

(1)1日150キロカロリー程度を目安にする

 お菓子などの間食は1日の摂取カロリーの10%くらいが適正です。通常ですと200キロカロリーくらいが目安でしょう。ただしダイエット成功者の平均は、1日150キロカロリーていどでした。ベストな体型を維持するためにはちょっと控えめにすることがポイントです。

 150キロカロリーくらいのお菓子には、つぎにあげるようなものがあります。

・板チョコ3分の1~4分の1(アーモンドチョコならば3粒くらい)

・クッキー2枚

・スナック菓子4分の1袋

・みたらし団子1本

・せんべい2枚

・水ようかん1個

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

 このほか、お菓子についているカロリー表示を参考に、食べるお菓子の種類と量を考えて食べるようにすると良いでしょう。

(2)太りにくい「ゴールデンタイム」に食べる

「ビーマルワン」という脂肪を溜め込む働きをするたんぱく質があります。「ビーマルワン」は、時間帯によって分泌量が変わります。分泌が一番少ない時間帯は10時から15時ころなので、食べたものをなるべく脂肪にかえないためには、このくらいの時間にお菓子を食べるのがベストです。「3時のおやつ」という習慣は、ダイエットにも効果的というわけなのです。

 反対に、ビーマルワンの分泌量が多くなる22時以降にお菓子を食べるのは避けるようにしましょう。食後、遅い時間のデザートはなるべく我慢して、次の日の楽しみにとっておくようにしてください。