ヒロイン・てん役の葵わかな (c)NHK

 今週から始まった新・朝ドラ『わろてんか』。笑い上戸のヒロイン・てんと一緒に、朝から“ゲラ”になりましょう!

 脚本はドラマ『学校のカイダン』『美女か野獣』、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『君の膵臓をたべたい』などを手がけた吉田智子。

「人は笑うことで癒され、前を向くことができる生き物だと思います。私の目標は、このドラマをご覧になっているみなさんを毎朝1回、いえ最低3回笑わせて、自分も笑いころげることです」

 と、作品に対しての意気込みを語っている。薬種問屋の長女・てんと、大阪船場の米穀商の跡取り息子・藤吉との出会いから始まる物語。根っからの芸事好きの藤吉と駆け落ち同然で大阪に向かったてんの、

「藤吉さんが好きな笑い、商売にしてみませんか?」

 のひと言から、日本中の人を笑わせるという挑戦が始まった。

(c)NHK

 ヒロインのモデルは、吉本興業の創業者で、女性興行師の吉本せい。寄席のチェーン展開や、芸人の会社専属制を導入して笑いをビジネスにした人物。彼女の生き方や、周囲の人物たちをモチーフにして再構成したフィクションとして描かれる。後藤高久チーフプロデューサーは、

「てんの周囲には、ユニークな人々が登場します。家族ドラマとしても、恋愛ドラマとしてもコメディーとしても面白いこと間違いなしです。ぜひみなさんのごひいきキャラを決めてご覧ください」

ヒロイン・藤岡てんを演じる葵わかなって、どんな子?

 オーディションで、2378名の中から選ばれた葵わかな。今年の4月からは慶應義塾大学総合政策部に入学した才女で、朝ドラヒロインへの挑戦は3回目で結実した。映画『陽だまりの彼女』『サバイバルファミリー』や、『mineo(マイネオ)』『アート引越センター』などのCMに出演。

『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子とは、ドラマ『表参道高校合唱部!』で共演して以来の友達。今回のヒロイン決定のときには「身体に気をつけて頑張ってください。ほんとにほんとに」と、芳根からツイッターでエールを送られた。