NHK出身の堀潤(40)とTBS出身の有馬隼人(39)は、テレビ局は違うが就職活動を一緒に経験した同期アナウンサー。現在はフリーで活躍し、10月からTOKYO MXでそれぞれ番組のキャスターを務めるふたりが初めての対談。メディアの表舞台に立つ者としての本音とは──。

有馬隼人さん(左)と堀潤さん

  ◇   ◇   ◇  

──堀さんが元NHKで、有馬さんが元TBSと、局は違いますが、ふたりは同期入社なんですね。これまで面識はあったのですか?

 就職活動で一緒になることはありましたよね。

有馬 僕らは2001年入社だから、就活でお会いしていたのは、もう17年くらい前なんですね。

 有馬くんは大学アメフト界のエースだったので、すごく印象に残っています。17年ぶりに会いましたが全然、変わらなくて、スターのオーラがあるなと思いました。

有馬 僕はアナウンサーを3年で辞めて、そのあとアメフト選手に戻っていた時期があり、一時、メディアから離れていたんです。その間もずっと、堀さんは“攻めている”なって思いながら見ていました。今の世の中で、これだけ直球で伝えられるメディア人はいないですよ。

 今回、縁があってお会いできて、僕も頑張って追いついていかなくては、と思いました。そういう意味では、同期ですが、先輩という感覚なんです。

 さっき2万円でこういういいコメントしてねって、お願いしたんですよ(笑)。

有馬 いえいえ……。

 でも、そう言ってもらえるのは、すごく励みになりますよ。僕らの同期には、元フジテレビの高島彩さん、元日本テレビの西尾由佳理さん、テレビ東京の大江麻理子さんなどがいて、みんな活躍しているよね。

有馬 そうなんですよ。なんか出遅れた感じです。

 そんなことないですよ! これから一緒に頑張っていきましょう。