実力とルックスの良さを兼ね備えた、日本一の“イケメン”学校栄養士こと松丸奨先生。その給食にかける情熱は熱く、子どもたちのみならず保護者からも絶大な支持を受けているのだといいます。そんな松丸先生の“黒一点”の奮闘ぶりをお届けします!

  ◇   ◇   ◇  

 日本一の“イケメン”学校栄養士が東京にいる。文京区立金富小学校の松丸奨先生(34)だ。

文京区立金富小学校 松丸奨先生

 毎年、2000校以上の応募がある『全国学校給食甲子園』(主催=特定非営利活動法人21世紀構想研究会)。地元食材を取り入れたおいしい給食で、食育を啓発すべく、栄養教諭らが知恵と腕を競う。

 この大会で松丸先生は’13年(第8回)に優勝、’14年(第9回)でも準優勝という快挙をなし遂げた。

「東京は圧倒的に不利なんです。誰もが思い浮かべる特産物がありませんから。今まで、東京などの都心部で優勝した学校はなかったそうです。また、男性の栄養士の優勝も初でした」

 男性なのに、栄養教諭を志したのはどうして?

僕は“給食バカ”なんです(笑)。子どものころは、好き嫌いが激しくて。トマト、レタス、キュウリ……野菜はすべて大嫌い。背は低く、風邪もよくひき、給食も苦手でした。そんな僕に、給食の先生(学校栄養士)が“ひと口でいいから食べてごらん”と言ってくれたんです。

 食べてみたら、翌日、できなかった逆上がりができて。“すげぇ!”と感動しました。たまたまだったんでしょうが(笑)、それ以来、給食が大好きに。そして給食の先生は僕の中のヒーローになりました」

 高校3年生で進路に迷ったとき、担任の先生は“いちばん好きなもの”に携わることをすすめてくれた。

「給食しか思い浮かびませんでした(笑)」

「松丸先生も、松丸先生の給食も大好き!」

 千葉県松戸市で生まれ育った松丸先生だが、教育実習は東京の小学校に。

「都会の現代っ子に驚きました。土を触ったこともなければ、魚は切り身が海を泳ぎ、じゃがいもはフライドポテトの形をしていると思っている。この子たちに真剣に向き合って、自分が感じた食の喜びや感動、おいしさを伝えたいと思ったんです」

 担当校で、決められた栄養価・コストを順守して給食の献立を作り、衛生管理などに努めるのが学校栄養士の仕事。前任の文京区立青柳小学校で、松丸先生は“黒一点”の奮闘を始める。

調理師が、栄養士に物申せない風潮は嫌でした。子どもたちのためになるなら、必ずしも僕の指示どおりでなくてもかまわない。より食感のいい切り方に工夫するなど、子どもたちの笑顔を何より優先してほしいとお願いしました」

 朝は誰より早く、5時30分に学校へ到着。納入業者を笑顔で迎え入れている。

「FAX注文だけの関係なんて寂しいじゃないですか。また、毎日、給食の時間には全クラスに顔を出すようにしました」

 “給食の先生が何しに来たの?”という反応は、いつしか“松丸先生、待ってたよ。今日はこれがおいしかった!”に。青柳小学校で、小学1年から5年まで松丸先生の給食を食べていた石川柚希ちゃん(12)はこう語る。

松丸先生も、松丸先生の給食も大好き! 5年生のとき、私と友達が考えたパッションフルーツのゼリーを先生がアレンジして、給食に出してくれたんです。すごくうれしかった」

 柚希ちゃんの母親・希代子さんも、

松丸先生の他校への異動は、保護者にとってもショックでした。先生がくださった、わが子の好物の手書きレシピは家宝です」