子ども時代の“給食”の思い出は、大人になってからも鮮明に記憶に残っているもの。そこで、給食に関するアンケートを実施。かつてどんな給食が好きだったか、あるいは嫌いだったか、特に思い出に残っているメニューについてなど、“給食あるある”を聞きしました。330人からの回答は──。

  ◇   ◇   ◇  

 まず、“給食は好きでしたか?”の質問には、約7割の232人が好きだったと答えている。

「どの献立もおいしくて、給食のために学校に行っている感があった」(東京都・40代=会社員)

「余っている好きなものを、じゃんけんで勝ち取る喜び」(大阪府・30代=主婦)

「おかわりをした。とにかく食べまくった。給食費のモトはがっちりとった」(東京都・40代=会社員)

「熱を出して休んでも、給食の時間だけ行った」(静岡県・50代=会社員)

 嫌いだった人からは、心が痛むような壮絶エピソードも。

「まずくて思い出したくない」(大阪府・20代=会社員)

「おいしくなくて、食べずに持ち帰り、捨てていた」(長野県・50代=主婦)

「担任の先生がとても厳しく、ひと口たりとも残すことは許されなかった。午後の授業中も食べさせられて、まるで拷問のようだった」(東京都・60代=主婦)

「嫌いなものでも泣きながら食べさせられた。おなかいっぱいでも残させてくれず、吐いたことも。当時は地獄だった」(熊本県・40代=主婦)

明治22年(1889年)初めての学校給食。おにぎり、塩鮭、菜の漬物

まずは、好きだったメニューから

 そんな給食の好きなメニュー、堂々の1位はカレーライス。

 とにかく、「おいしかった」(福岡県・50代=会社員)の声、多数。

 2位には、揚げパンがランクイン。

「給食でしか食べられなかったから」(滋賀県・20代=主婦)

「お菓子のようでおいしかった」(東京都・30代=パート)

 味つけも砂糖だけでなく、きなこ、黒糖、ココア、シナモンシュガーなど、バリエーションの豊かさも高評価につながったよう。

 3位にはソフト麺が登場。

「あのコシのない感じが好きだった。今食べたくても食べられないから」(岐阜県・30代=自営業)

「当時のパスタはナポリタンくらいしかなかったので、初めてソフト麺をミートソースで食べたときは感激しました」(北海道・50代=主婦)

 その食べ方はミートソースがダントツ。カレースープ、あんかけ、けんちん汁、酸辣湯(スーラータン)などもあげられた。

 4位は、懐かしの鯨の竜田揚げ。

「脂身がなくおいしかった」(大阪府・60代=自営業)

「肉を食べた感が強かった」(愛知県・60代=自営業)

 特に50代以上から熱い声が寄せられた。