子どもにとってはもちろん、大人にとっても“給食”は大きな関心事。昔と比べ、どんなふうに変化しているの? そこでここでは、懐かしの学校給食定番メニューだった“鯨”に注目。捕鯨禁止も叫ばれるなか、果たして“今”の学校給食に鯨は登場しているのか調べてみました!

  ◇   ◇   ◇  

『』本誌の読者世代にとって給食の定番メニューといえば、やっぱり鯨。ニュースサイト『Estigmas』ほかで行った給食に関するアンケートでは、330人中、半分強の178人が給食に“出た”と回答。20~30代もいれば、逆に50~60代が出なかったと答えていたり、予想外に年代はバラバラだ。

「鯨の竜田揚げは、理由なしにおいしかった!」(福岡県・40代=会社員)

「鯨のノルウェー風、おいしかったです」(兵庫県・40代=会社員)

「鯨の竜田揚げは固くて、食べにくかった」(埼玉県・40代=会社員)

 その調理法は、圧倒的に竜田揚げが多数! さらにはオーロラ煮、カツレツ、大和煮などの声も聞くことができた。

和歌山県の鯨の竜田揚げの給食 ※下関市と長崎市の鯨メニューの給食も写真ページにあります

 学校給食歴史館の大澤次夫館長によると、

昭和40年代までは、間違いなく鯨の竜田揚げは学校給食のエースでした。当時の児童たちには、貴重なタンパク源。ときどき固い肉があって、昼休みまで噛んでいる子がいたりね(笑)。今はほとんど給食で出されてないのではないでしょうか?」

 給食から鯨は本当に消えてしまったのか? この問いを考えるには、商業捕鯨の現状を知る必要がある。

IWC(国際捕鯨委員会)のモラトリアム決議によって、1987年から商業捕鯨が一時停止になっているのは、みなさんご存じですよね? 商業捕鯨を継続したい日本は、当時、異議申し立てをしました。

 しかし、アメリカから“反対するなら、アメリカの周辺の海でタラをとらせない”と圧力をかけられました。それは困るということで、異議申し立てを撤回せざるをえませんでした

 そう話すのは、日本鯨類研究所の広報課。ちなみに、決議を留保したアイスランドやノルウェーは、現在も商業捕鯨を続けている。

 ’87年当時、シロナガスクジラやナガスクジラなどの大型鯨類は、実際に頭数が減少していることがわかっていた。そこで日本は“数の少ない大型鯨類ではなく、比較的数の多いミンククジラをとらせてほしい”と交渉したのだが、結果はNG。反捕鯨国から、感覚論にすぎないと一蹴されてしまった。

「ならば、日本が実際に調査して、“たくさんいることが科学的に証明されたら、商業捕鯨を認めてくださいね”と、’87年から始めたのが調査捕鯨です。国の事業として、日本鯨類研究所が科学的データを収集しています。

 最終目標である商業捕鯨再開のために、資源数や資源動態をしっかり調査研究して、鯨を持続的に利用できるようにしたいと考えています」(広報課、以下同)