2学期が始まったとたんに異物混入が発覚するなど、何かとニュースを騒がせることの多い“給食”。それほどまでに今では当たり前の存在となった給食ですが、その起源を遡っていくと、なんと明治時代に辿り着くことに。給食の歴史について探ってみました。

何かと話題の学校給食130年もの歴史があった

 “まずい給食”が問題になっている。神奈川県大磯町の町立中学校2校で、給食の食べ残しが大量発生したのが発端。小中学校給食の残食率の全国平均は6.9%(’15年環境省調べ)だが、多い日では55%も食べ残されていたという。

 生徒たちは「冷たくておいしくない」「味が薄い」と口をそろえる。さらには異物混入も発覚。昨年1月以降、毛髪や虫、金属片などの混入がなんと84件もあった。

 給食導入を選挙公約に掲げて当選した中崎久雄町長は、「子どもたちに大きな精神的負担をかけた」とお詫びするも、混乱はしばらくおさまりそうにない。

 この問題が発覚した2校は、保護者の要望を受け、昨年1月から民間業者に調理と配送を委託するデリバリー方式の給食をスタートさせたばかりだった。

 文部科学省の調査(’15年)によると、給食実施率は全国の公立小学校で99.6%、公立中学校で82.4%。完全無償化を実現している自治体もある一方で、実施率が20%台にとどまる自治体もあり、その地域差は大きい。

元祖は山形県の私立忠愛小学校

 そもそも給食はいつ始まったのか?

 学校給食歴史館の大澤次夫館長が解説する。

「明治22年、山形県鶴岡町(現・鶴岡市)の私立忠愛小学校が最初です。お坊さんが寄付や托鉢(たくはつ)などによって作った学校で、教科書や筆記用具などは無償配布。お昼は基本的には弁当持参でしたが、貧しくて持ってこられない子どももいた。そのため、お昼も無償で出そうと始まりました

明治22年(1889年)初めての学校給食。おにぎり、塩鮭、菜の漬物 ※写真ページで給食の変遷を振り返れます

 その後、地域の豪商の資金提供などにより、給食を出す学校が少しずつ出てくるように。

「当時は、子どもを学校に通わせるより、家の仕事を手伝わせたいと考える親も多かった。“お昼を無償で出すから学校に通ってきなさいよ”という呼び水の意味合いもあったようです」(大澤館長・以下同)

 1913年には “栄養学の父” 佐伯矩博士が文部省(現・文部科学省)から奨励金を得て、東京の10数校で給食を実施。就学率アップや児童の体力向上の手段として、国も学校給食を奨励するようになるが、第二次世界大戦での食料不足により、ほとんどの学校で中止に。