舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第19回は中川晃教さんが加藤和樹さんを指名! 『』本誌(2017年10月17日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から中川晃教、加藤和樹 撮影/廣瀬靖士

毎回、アッキーさんの歌に鳥肌が立ってました

――『』本誌で話された以外にも、舞台上(ミュージカル『フランケンシュタイン』)で2人の応酬はあったんですか?

中川 いっぱいありましたよ。

加藤 アッキーさんも真面目ですごく入り込むから、怪物の僕が寝かされてて、アッキーさん演じるジャックが「起きろ! 起きてくれ!」ってガチでバンって胸を叩くんですけど、「バチン!」ってけっこういい音がして、俺もウッてなって。

中川 それで「今、起きたよね」って、マイクに入らない声で言ったら、和樹マンがニヤッとして。

加藤 俺、笑いそうになった(笑)。

中川 歌のシーンでもやりましたよ、2人にしかわからない共通の、身体を使うボイストレーニングの方法で。ビクター(中川)とアンリ(加藤)の2人が酒場で飲むシーンで、アンリがすごいベロベロに酔っぱらってるんですよ。で、こっちは介抱する側で。寝そべってて2人で立ち上がるんですけど。

加藤 立ち上がらせるところで、お互いをちょっと引っ張り合って、ああ~って高いところの声を出すみたいな(笑)。

中川 そういう動きをすると高い音が出やすいんです。ホントは俺の肩を持って、自分で立ち上がるシーンだから、パッて手を出したときに、和樹マンは一瞬わからなくて、ん? って顔してたけど、でも次の瞬間ニヤッみたいな(笑)。

加藤 ああ~、それをやりたかったんですかって(笑)。

――(笑)。2人だけの楽しみですね。

中川 楽しめる瞬間ですね。

――加藤さんは、憧れの人と共演した舞台で思い出されることは?

加藤 いや僕は毎回、アッキーさんの歌に鳥肌が立ってましたよ。

中川 そうなんだ。

加藤 だってアッキーさんの歌が毎日聞けるってだけで、そんな贅沢なことないじゃないですか!

中川 それは過大評価ってやつだね(笑)。

加藤 ほんとにアッキーさんの歌声が超好きで。なんだろう、胸に届くんですよ。それってミュージカルの目指すところなんですよね、お芝居としてちゃんと胸に響くっていう。歌がうまい人はいっぱいいるけど、ちゃんと歌詞に乗せて思いを伝えられる人って、実はけっこう少ないんですよ。『フランケンシュタイン』でもビクターの気持ち、辛さ、痛さ、悲しみっていうのが全部そこに乗っかってて、思い出すだけでもちょっとウルっときそうです。だからこそ、自分が演じたアンリと怪物っていうのも、乗り越えていけたし。こんな人いないですよ。

中川 フフフ。ありがとうございます。そう感じてくれてたんだ。