おもしろカートが続々! 有名人やキャラクター、日用品などテーマはさまざま。完成度の高さに驚く。撮影/吉岡竜紀

 突き抜ける青空のもと、バットマンならぬ“ファットマン”や大ヒット映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の悪役イモータン・ジョーなどのキャラに扮したドライバーが、カートに乗って坂道を疾走! ときには障害物を避けきれず、クラッシュしちゃって転倒。「OH MY GOD……!」と周りの観客たちから大きな歓声と笑いが起きる。

 こんなエキサイティングな場面が繰り広げられたのは、アメリカ・ロサンゼルスで行われた「Red Bull Soapbox Race」(日本での呼称はBox Cart Race)。動力をもたない手作りの車を使った素人参加型のダウンヒルレースで、エナジードリンクで知られるレッドブルが2000年から世界49か国で開催している人気イベントだ。競うのはタイムだけでなく、自作カートのオリジナリティーと完成度、ドライバーとチームのパフォーマンスも審査対象となり、総合的なジャッジで順位が決まる。

危な〜〜い!! クラッシュしてコーナーに激突! LA大会は全長約610mの蛇行したコース。障害物を避けながらゴールを目指す。撮影/吉岡竜紀

 は目の前でレースを観戦したのだが、手に汗握るレースはもちろん、スタート直前に披露される歌やダンスのパフォーマンスが楽しい! プロ級の完成度のものがあれば、忘年会の余興のようなゆる〜いものもあり、各チームのユーモアが炸裂していて目が離せない。観客も一体となって盛り上がれる、まるでお祭りのような興奮があった。

 そんなレースが東京・赤坂でも開催される。ぜひ間近で目撃して!

10/22に東京でも開催!

 日本でも、東京・赤坂サカスを舞台に「Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017」が開催。52組のチームが自作のオリジナルカートでレースを行う。イベントアンバサダーとして人気ミュージシャンのUVERworldが出演! さらに審査員は新世代ダンスボーカルユニットTEMPURA KIDZ、芸人のほんこんなどが務め、インパルス板倉俊之、キングコング梶原雄太がゴールレポーターとして盛り上げる。観戦無料。

UVERworld photobyTakashiHirano

●日時:10月22日(日)12時〜17時(予定、開場10時)※雨天天候時、荒天や状況次第では内容変更、中止の場合あり

●会場:赤坂サカス 広場及び周辺道路(東京都港区赤坂)

●公式サイト: