目白署から送検される良太郎容疑者。当初は否認していたが、一転して認めた

「バカ野郎としか言いようがないですね。本当にバカ野郎……。もう、あいつのことを信じることもできないです」

 ものまねタレントの清水アキラの三男で俳優の清水良太郎容疑者が10月11日、覚せい剤取締法違反で警視庁に逮捕された。翌12日に自宅で会見を行った父親は、涙ながらに息子の不行状を叱責した。

「10日の午後1時40分ごろに風俗嬢から池袋のホテルで“薬物を飲まされた”と警察に通報があった。ホテルから出てきた良太郎容疑者を任意同行し、尿検査を実施。

 1度、帰宅したものの尿から陽性反応が出たため、11日に妻やもうすぐ1歳になる娘が住む自宅で逮捕されたのです」(スポーツ紙記者)

 では、逮捕された良太郎容疑者はどのような罪に問われるのだろうか。刑事事件に詳しい『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士は、

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で、懲役1年6か月、執行猶予3年と、初犯の一般的な量刑になるでしょう。また、女性が薬を飲まされ体調不良を訴えたという点については、傷害罪に問われる可能性もあります。その場合は、合わせて懲役2年、執行猶予3年になるのではないでしょうか

 と見解を示す。

 良太郎容疑者といえば、過去には深田恭子や観月ありさなどと浮名を流したモテ男だった。それが、昨年5月に一般女性と結婚し、同年11月には第1子となる女の子も誕生している。

「父親になったにもかかわらず、今年2月には池袋にある違法カジノに出入りしていたことを『FRIDAY』が報じました。一時の謹慎を経て、6月下旬に復帰したのですが、報道から8か月後に今度は覚せい剤で逮捕ですからね。

 しかも、出入りしていた違法カジノ店と事件を起こしたホテルは目と鼻の先。これでは反省していないと言われてもしかたがないでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 会見でアキラは違法カジノ疑惑での謹慎期間について、

「そのときも何度も聞いたり、怒鳴り合ったりもした。そのときも何もないということだった。信じてあげたいとは思いますが……。でも、ファンクラブの集いのときに、歌詞を見ながら歌ってるのを見て、全然、反省してないのかとも思いました。何か月もあったのに、覚えてないというのは僕らの仕事ではありえない」

 と、仕事面での甘さから、反省していない息子の姿を感じ取っていたようだ。