市川猿之助

「心配をかけて申し訳ない。僕は元気。なるべく早く戻るからね。僕がいない間、みんなで頑張ってください」

 10月10日の新橋演舞場で、『スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」』の幕間にボイスメッセージが流れた。

 声の主は市川猿之助。主人公・ルフィと女海賊ハンコックの2役を演じていたはずの看板役者である。

『ワンピース』は'15年の初演では異例の20万人ヒットとなった大人気の演目。市川右團次らが脇を固め、6日に幕を開けたばかりだったのだが、9日に重大な事故が起きた。

「カーテンコールで猿之助さんが昇降装置『せり』に乗って花道から降りる際、衣装と一緒に左肩が機械に巻き込まれてしまったんです。

 座長という意識からなのか、猿之助さんはとても落ち着いており、誰よりも冷静でした。役者さんやスタッフも、お客さまに気づかれないように必死でしたね」(舞台関係者)

 彼自身、演技中の骨折は長い役者人生の中でも初めてのこと。骨の一部が外に飛び出す開放骨折で、深夜に緊急手術が行われた。

「左腕の骨折は4か所で、1か所の手術は終えています。今後3か所の手術があるのですが、大ケガなので手術方法もなかなか決まらなくて……。針金やチタン、器具で固定する方法がありますが、そのまま一生装着できるものもあれば、長くて半年後に器具をはずすものもあり、方法について専門医のカンファレンスで日々、検討されているそうです」(病院関係者)

左・市川右團次、右・中村隼人

 猿之助自身は、「なるべく早く復帰し、麦わらの一味として活躍できるよう、まずは治療に専念します」とコメントを発表しているが、

東京の千穐楽は11月25日。実は、猿之助さんと右團次さんのお誕生日が26日なんです。“心配をおかけしたお客さまのためにも、千穐楽までには確実に舞台に顔をお披露目したい”と周囲に話しているそうです」(梨園関係者)

 主役が負傷で出られないというのは想定外の非常事態。猿之助が抜けた大きな穴を埋めるため、若手が獅子奮迅の働きをしているという。

大きな穴を埋める注目の若手とは

「本公演と同じシーンで、若手キャストを抜擢したマチネ(昼)公演『麦わらの挑戦』も行われていました。尾上右近さんがルフィとハンコックを演じ、中村隼人さん、坂東新悟さんらも出演します。猿之助さんがケガをして出られなくなり、本公演でも右近さんが代役を担うことになりました」(前出・舞台関係者)

 しばらくは右近が重責を担わなければならない。25歳とまだ若いが、彼は猿之助も認める実力の持ち主なのだ。

右近さんは注目株。曽祖父が六代目尾上菊五郎さん、母方の祖父が鶴田浩二さんと名優のDNAを受け継いでいるんですよ。江戸浄瑠璃の清元宗家に生まれ、来年2月には清元の名跡『清元延寿太夫』を襲名することが決まっています。歌舞伎役者が同時に清元の名跡を継ぐなんて、これまで1度もなかったと思いますよ」(前出・梨園関係者)

 右近は曽祖父が出演した映画を見て歌舞伎に興味を持ち、'00年に初舞台を踏む。'05年に七代目尾上菊五郎の部屋弟子になると才能が開花し、メキメキと頭角を現していく。

「日本舞踊がとてもお上手。立役も女形もこなしますし、昔から物怖じしません。彼のお父さんの従兄弟にあたる中村勘三郎さんも“(歌舞伎役者を)やったほうがいいよ!”とすすめたと聞いています」(前出・梨園関係者)

 猿之助もかなり前から右近の才能に気づいていた。まだ亀治郎を名乗っていた'05年、自主公演に右近を招いている。

「自主公演というのは、ほぼ自腹で費用を工面しなくてはなりません。大変ですが、自分好みの役者や演目を用意することができるんですね。そこに呼ばれた右近さんはうれしかったに違いありません。猿之助さんと出会ってから、よりいっそう稽古に邁進するようになりました。継続することの大切さを知ったそうです。右近さんも'15年から自主公演『研の會』を行っていて、初回には初心を忘れぬようにと猿之助さんを招いたそうです」(舞踊関係者)

 プライベートでも、2人の絆は深い。