篠原涼子 撮影/廣瀬靖士

「上の子は、どんどん親離れしていきそうな気配を感じています。“ひとりでお留守番できるよ”って言ってきたり、“チュッ”ってするとふかれますし。下の子もそれをまねするようになってしまって。なので、最近チュウチュウ攻撃をしてもふかれちゃうので、ちょっと悲しいです(笑)

 月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系 10月23日 夜9時スタート)で、主演を務める篠原涼子。いま話題の“市議役”に初挑戦!

「演説シーンは大変でしたね。朝から夜まで演説で話すシーンをロケで撮ったときは大声を出し続けるのでのどがかれそうになってしまったことも。でもエキストラの方々が私のセリフに“うんうん”って本気でリアクションをとってくださっていて、それを見たときは思わずグッときて、泣きそうになってしまいました」

 篠原演じる佐藤智子と同じ選挙区で戦う、代々続く政治家一家の強敵ライバル・藤堂誠役の高橋一生とは初共演。

私は、一生さんはものすごく温度の合う方だなって思いました。お芝居が上手だから、上手な方とやると、こっちも上手になれるような気がするんです。いるだけで雰囲気のある方なので、その存在感がこの作品にも出ていると思います!

 働きながら家計を支え、家事育児と日々奮闘する智子とは、演じる篠原も共通点が多く、

私もお家に飾るものなどにお金を使うっていうよりも、子どもが描いたり作ってきてくれたものを飾るタイプなので、智子の部屋にもそういうものがあって“わかる、こういうことやる!”って(笑)。あとは、子どもが寝静まったあとに、主人と乾杯するのが幸せなことだったり♪ 人としても、彼女は人のために頑張る女性で、私もこの仕事を“みんなに笑顔になってもらいたい”っていう気持ちが最初から今もあるので、通じるものがありますね」

 10代から常に最前線で活躍し続ける篠原は、年齢を重ねるたびにその輝きが増している。

「いろいろなことを経験させていただけているっていうのもそうですし、あとはどんな小さなことでも、褒めてもらえるのがすごくうれしいんです。スタッフの方々から“よかったよ!”って言われると、すぐうれしくなってしまって。単純なんです、私(笑)