舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第20回は加藤和樹さんが佐藤隆紀さんを指名! 『』本誌(2017年10月31日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から佐藤隆紀、加藤和樹 撮影/伊藤和幸

ステージに立ちますってときに、台詞を1個も覚えてないって夢を初めてみた

――おふたりは来年のミュージカル『マタ・ハリ』で共演予定で、加藤さんと佐藤さんはラドゥー大佐役をWキャストで演じます。加藤さんは、ビジュアル撮影のときに佐藤さんが痩せていて驚かれたそうですが。

加藤 なんか別人だったから、びっくりしちゃって、“え? どうしたの?”って。

佐藤 初出演のミュージカルで主演だった和樹くんと、同じ役をやらせてもらえるっていうので、うれしいと同時に“あ! ちょっとやせないとな”って(笑)。撮影までに3週間で7キロくらい落として。一回、和樹くんに近づこうみたいな。

加藤 その話を聞いて、その貫禄も含めてシュガー(佐藤さんのこと)の良さがあるのにと思って。シュッとしてちょっと若返っちゃったんじゃないかと(笑)。

佐藤 アハハハハ! 等身大になったんですよ(笑)。演出家の石丸さち子さんも喜んでくださって。「是非、その体重キープしてって!」って言われました(笑)。

加藤 言われちゃったんだ(笑)。

佐藤隆紀 撮影/伊藤和幸

――同じ役をやるっていうのはプレッシャーじゃないですか?

佐藤 まず、うれしいが先に来ちゃいましたね。けど、プレッシャーを感じてるんだなと思うことがあって。夢で見るんですよ。『マタ・ハリ』でステージ立ちますっていうときに“え? まだ台詞1個も覚えてない! どうしよう!”みたいな。

加藤 俺もよく見るよ(笑)。それは“あるある”。

佐藤 見ます? へ~、あるんですね。今までそういう夢を見たことないんで。

加藤 シュガーがラドゥーをやるときは、俺はアルマン(役)で20歳近く若く見えないといけないから大変なんだよ(※)。あんまりシュッとされると差がつかないから(笑)。

(※編集部注:『マタ・ハリ』で、加藤さんはアルマン役も東啓介さんとWキャストで演じる)

佐藤 アハハハハ! 大丈夫ですよ、若く見えますよ。

加藤 先に謝っておきます。迷惑かけます!

佐藤 そんなそんな。

――特に楽しみにしていることはありますか?

佐藤 僕は2人で歌うシーンが楽しみですね。

加藤 そうだね、でも同じパート歌っちゃったらごめんね(笑)。あり得るから。

佐藤 そうですよね。ラドゥーとアルマンのパートを全部入れないといけないってことですもんね。すごいですよね。

加藤 助けて!(笑) たぶん稽古場で、いっぱいいっぱいになる可能性があるので、シュガーがいてくれてホントに良かったなって思う。

佐藤 ありがとうございます。いやぁ、すごくうれしい。