自宅玄関で、出迎えてくれたアンナさんの笑顔がステキ(撮影/宮濱祐美子)

還暦を迎えて、“終活”を意識することもありますけど、それよりも、生きることを考えたほうがいいと思うんです。これから何年、生きられるかわからないからこそ、今を大事にしたいです。できる限り、家族や友人と一緒に過ごす時間を持ちたいと思っています。そのためにも、これからの人生を大事にしたいですよね」

 そう語るのは、結城アンナさん。夫は俳優の岩城滉一さん。おしどり夫婦としてCMやテレビに出演した。

 アンナさんは、10代からモデルとして活躍したが、その後、専業主婦になり、芸能活動を控えていた。近年、テレビ出演などが増え、本格的に活動を再開。そうしたなかで、初めての著書『自分をいたわる暮らしごと~おしゃれで心豊かな日々の重ね方』を上梓し10月27日に発売する。

 本では、アンナさんの自宅でのライフスタイルを初公開し、自然体でポジティブな生き方や楽しみ方、半生が綴られている。

「最初は、特別、何もない私のことを書いた本を誰かに買ってもらえるのか、心配でした。でも、途中からは、ちょっと感動していたんです。ふだんの生活とともに、昔のことを思い出すことで、自分のストーリーを1冊にまとめられることができると思い、うれしかったです」

 アンナさんは、1955年にスウェーデンで、日本人の父とスウェーデン人の母の間に生まれた。

 郵便局員のスタンプを押す姿がカッコよく、“ごっこ遊び”をしていた少女は、夏休みなどで行き来する日本での生活が、たちまち好きになったという。