KinkiKids

《6月に突発性難聴を患いましたが先日、お医者様とも相談をし、音楽活動を再開させて頂くことに至りました。音楽の生活と離れている間、ファンの皆様からの励ましの言葉をはじめ、改めて、多くの方々に支えて頂き今の自分があることにたくさんの感謝を学びました。(中略)ステージに立たせて頂ける幸せと、歌唱披露ができる喜びを全身で感じたいと思います》

 KinKi Kidsが帰ってきた。10月29日の『テレビ朝日 ドリームフェスティバル2017』最終日に、2人で出演することが決まると、病気療養中だった堂本剛がメッセージを発表。

 パートナーの堂本光一も、こんな思いを語った。

《剛くんも、大好きな音楽と距離を置き我慢をし耳の体調を良くすることに専念をしました。僕自身も自分にとってKinKiとはどのような存在だったのか、これまでとそしてこれからを考える大切な時間となりました》

 もちろん、ファンも大喜びだ。9月30日の早朝に、このニュースが公にされた途端、

《すやすや寝てるKinKiファンのみんなー、起きたらとびきり嬉しいニュースが待ってるよー(о´∀`о) 》

《夜中まで(仕事だけど)起きてて良かったあー。ああー。うれしい。神様、剛さんと音楽を離さないでくれてありがとうございました》

 といった声が、ネット上に続々とあふれた─。

「本当にKinKiを待っていたファンの本心だと思いましたね」(スポーツ紙記者)

 CDデビューの3年前に、日本武道館でファーストコンサートを成功させた伝説を持つ2人。歌にダンスにトークにと、そのライブパフォーマンスは圧巻だ。剛の復帰で、ファンはさまざまな思い出をよみがえらせていることだろう。

 しかし、その舞台ウラにもドラマが存在する。いや、むしろ「事件」と呼びたいような出来事も。

 それは'01年8月、サプライズ的に敢行された“ソロツアー”で起きた。