小関裕太(左)、溝口琢矢(右) 撮影/吉岡竜紀

小関僕たち同じ年で、小学生のころから同じアミューズで闘ってきた仲なんです。しかも同じAB型で、誕生日も1か月違い!

溝口「20歳になったとき、お互い本当に喜んで“よし20歳だね、飲みに行こう”と約束してはや2年。いまだに行けてません(笑)」

小関「僕が誘っても全然来てくれないんです」

溝口「違う、違うよ! 確かに、たまに誘ってくれるんですけど、なんせタイミングが悪くて(笑)。今度こそ絶対に行こう」

 ともに22歳、その会話からも伝わってくるとおり、仲睦まじい様子を見せる小関裕太×溝口琢矢。2人をはじめ、神木隆之介や吉沢亮などアミューズ所属のフレッシュなメンバーによるファン感謝祭が『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017』として今年も開催!

溝口毎年この時期になると、僕たち界隈では“ハンサム、何年目?”って会話が当たり前のように出てきて

小関俳優仲間からも“年末、ハンサムなんでしょ?”って。知らない人が聞いたら、すごい会話だよね(笑)。でも何年か前までは“ハンサムとは”みたいな定義がちゃんと打ち出されていたんです」

溝口「そう。たしか“見た目のハンサムは自分で磨け、大事なのは内面のハンサムさをどれだけ持ってるか”みたいな感じで。どれだけ紳士か、どれだけ誠実かなんだよね」

 具体的に2人にとって“ハンサム”とは?

小関僕はハンカチを持ってることかな。今日ももちろん持ってます」

溝口「いつから持ってるの?」

小関「もうずっと。いつからかは覚えてないけど、あるときから意識して持つようになって」

溝口「僕はあれに頼っちゃうかな。ガーってやるの」

小関「何、ミシン?」

溝口「違うよ!(笑) 手を乾燥させるやつ」

小関「ビックリした。自分でハンカチ作るのかと思った(笑)」

溝口「まさか! 僕は例えば、おばあちゃんが横断歩道で大きな荷物を持っていたら、それを持ってあげられるのがハンサムだと思う

小関「優しいね」

溝口「声をかける勇気、周りを見る視野とか全部含めて、究極のハンサム!」