ウヨン 撮影/廣瀬靖士

 たくましい肉体とダイナミックなパフォーマンスから“野獣アイドル”と呼ばれ、日本デビューでも強烈な印象を残した2PM。

 それから、7年。それぞれが魅力的な個性を放ち、多くの女性の心をつかんで離さない6人の中で、ダンス、歌、トークとマルチな才能を発揮。最近では、2PMのステージ衣装も手がけるウヨン(28)が、2枚目となるソロミニアルバム『まだ僕は…』をリリースした。

――ソロデビューシングル『R.O.S.E』、初のソロミニアルバム『Party Shots』に続いて3作目になりますが、ウヨンさんご自身の中には、この順番で作品を発表する意味のようなものはあるのでしょうか?

「初めて明かしたいと思います。その理由を! 実は、特別な意味があるわけではないんです(笑)。“そのつど、そのときの気持ちに忠実にテーマを決めて、表現している”という言い方が正しいですね。あまり、計算することが好きではないし、計算したからといって、正解があるわけではないので。人生において、“これが、正解!”という答えはないと思っているんです」

――タイトル曲『まだ僕は…』は、どんな気持ちから生まれたのですか?

「いつもアルバムをつくるときには、コンサートやツアーのことも一緒に考えます。いま本当に伝えたいこと、いちばん重要なキーワードとなる単語はなにかと、考え続けていたときに、ふと浮かんできたイメージが、山や森、木。また、青い光や、いちめんのグリーンの風景。あとは、ピュアな田舎の少年や、純朴で正直な男。そして、“まだ僕は…”というフレーズだったんです」

――山や木といったイメージが浮かんできたのは、どうしてでしょうか?

「ふだんから緑がとても好きで、前作の『Party Shots』のツアーでも、ステージセットとして笹を置いていました。やはり、緑の多い場所に行くと、とても癒される気持ちになります。この、自分にとっての癒しの状態をファンのみなさんと分かち合うことができないだろうかと思ったことから、ミニアルバムが形になっていきました」

――ウヨンさんご自身が癒しを求めている?

「必要じゃないですか?(「はい」と答えた記者に)僕にも必要です(笑)」